海外販売に英語はマストかベターか

東京はあついですねー

溶けそうです。

最近電話の調子が悪いんです。

実は先日行きつけのゴーゴーカレーにいったときのこと、

ケータイ弄びながらカレー食べてたら、なんと手が滑ってケータイがカレーにDive to blueしました。

水没ならぬカレー没は、はたして保証対象になるのかヒヤヒヤしながらティッシュでカレーを拭うまさに地獄絵図。。。

トイレにぶち込んでう◯こにさらされたようでした。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近、英語の勉強を猛烈にがんばっています。

といっても単語を覚えてるだけですが。。。

しかし、新しく覚えた単語を使う場面になったときめっちゃドヤ顔でタイピングしてる自分も嫌いじゃないです。

海外販売は英語できなくてもできる!

とか謳い文句にしてる人もいますけど、

ぶっちゃけできたほうが確実にいいにきまってますw

そこ推すとこちゃうやろって感じw

確かにできなくてもできるけど、

仮にカスタマーサポートを外注なり従業員になりしてもらうとしても、

対応基準の設定などはやはり自分で英語を理解して判断基準をつくっていったほうが良い対応ができるに決まってます。

それでも英語は全く覚えずにやるってんなら、

それなりの機会損失、ならびにオペレーションのパフォーマンスの低下は確実に避けられないでしょう。

ぶっちゃけそんなつぎはぎなオペレーションではうまくいく世界でもないし、

そもそも手を抜く部分でもないと思う。のであった。

僕の感覚としては、ガチでやってれば中学レベルの人でも1年経てば普通にチャットぐらいはできるようになるはず。

僕がそうでしたので。。。

ということで、英語は読解力的にはマスト、ヒアリング的にはベターかなと思います。

僕はほんとに中学レベルの単語しか知らないので、

まずは人並みに単語覚えたいと思います。。。

ちなみに山田さんの会社は、バイトさん含めて1人を除いてみんな英語ペラペーラらしいですw

中にはスペイン語いけるひともいるみたいな。。。

スペック高すぎ汗

まあでもうちも負けてないですね、英語できるスタッフが一人と、

アニヲタが一人いますからね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。