売上をもう1ドカン上げるためにわ

セミナーの質疑応答動画がようやく完成しました!

ようやくとかほざいてこの程度かよ!
とか言われそうですがw

ちょっとざっくり感ありますがお許し下さい。。。

ただ現在謎の原因によりアップロードに手こずっております。。。
しばしお待ちを!

よろしくどうぞー

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

ホリデーに向けて、いやホリデーまでにもうワンランク売上をあげてからホリデーを迎えたいといった気持ちを抱いているかたも多いんじゃないでしょうか?

今の売上まで増やしてきたやりかたではどうも、この壁を乗り越えられるイメージがわかない・・・

という場合一体どうしたらいいんでしょうか。

今日はそんな昨日いただいた、とある青年(30)の素朴な疑問に答えていきたいと思います。

「どうやれば今の売上からドカンともう1つ上の位に行けるのか」

残念ながら言っときながら明確な答えはわかりませんでしたwww

ごめんなさいwww

でも、実はそうこうしてるうちに必ず売上が低迷する時期が現れます。

ここが僕のamazon販売の中で一番頭をフルに使い倒した部分です。

そして考えに考え抜いて様々な試行を試みて、売上が回復したとき、
多分その時は低迷する前の水準よりだいぶ上までいけると思います。

だから低迷して、理由がマジわかんねえからってあきらめないこと。

マジでなんで低迷したのか、
今までとぱっと見やってることも変わってないし、市場のライバル状況も特段大きく変化したようには見受けられない。

なんでや?

猛烈に理不尽に感じるときがくるでしょうw

僕も何度もありましたw

でも絶対上向く方法が必ずあるはずです、
これはもはやノウハウどうこうって問題じゃない、気合やw

定期的にBtoBなんかで大量のロットを輸出している場合ではない限り、BtoCであれば少なからず売上の波は避けては通れないものです。

そのときに売上の沈みの下げ幅を縮める努力、
浮き立つときに最大限売上を増幅させるための施策を死ぬほど考えるのが望ましいす。

ここは頭の使いドコロっすね。

その努力や施策が功を奏したときの達成感はお金にも言葉にも代えがたいものになるかと思います。

ひとはそれを成長と呼ぶ。。。

今宵も台風やなあ。(深い意味なし)

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。