ゴールは特に必要ない

昨日は耳の調子がよくなんないので、空き時間で病院いってきますた。

保険証もなんもないのでがっつり持ってかれましたがw

原因はどうやら鼓膜内に水がたまってる模様です。

ほっとけば治るのでほっときなさいと言われましたw

Sっぽい女医だったので心配です。。。

今日のフライトもまた耳痛くなったらヤダなーw

ほて、昨日の夜は久しぶりに吉田さんとサシ飲みしてきました(^^)

久々だったので話したいことはたくさんあったのですが、
全部話せたかどうか忘れましたw

でも楽しかったです(^^)

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

結局僕たちのゴールはどこなんだろう?

って考えたときに、
いろんな風景が思い浮かんでくるんですが、

結局そういったゴールって、

なにかしらビジネスで成功して、

例えば南の島で悠々自適に暮らしたい!

とか、

家を建てたい!

とか、

家族◯人で困らない生活がしたい!

といった意見をよく聞きますね。

でもそれってゴールじゃないじゃん、
その先もまだ物語は続くわけじゃないですか。

そしたらゴールっていうのは結局「死ぬこと」だと思うんですよね。

その自分が死ぬときに、悔いなくってのは難しいかもしれませんが、

どれだけ満足して死ねるか具合で人生の勝ち負けは決まるんじゃないかなと。

だから南の島で悠々自適に暮らすことも、家を建てることも、家族◯人が困らない生活が送れるようになることも全て過程なわけで、

ようは長い人生を通してどれだけ楽しめたかどうか、

別に楽しめた時期とかタイミングとかどうでもいいし、
もちろん人からどう見られててもどうでもいい、最後に自分がどんだけ満足できたかじゃないかと。

だから僕は限られたその時間のなかで、極力つまんないことはしたくないし、考えたくないです。

耳が痛いなあとかホントはどーでもいいんですが、
しんどい時期が続くなら早く治ったほうがいいので病院にいっただけです。

結局なにがいいたいかというと、

ひとつは人生なにを始めるにしても遅すぎることはないということ。

ようはトータルやから、
今までの人生の楽しさが毎年10でも、

余命10年で毎年100楽しめれば、80年生きれたとしたら平均22/年楽しめたことになる。

今までの倍やんか。

もうひとつはもっと広い世界を見た方がいいということ。

僕が海外を相手に商売したくなった理由は、せっかく地球に生まれたのにこんなちっちゃい日本だけで終始完結するような人生やだ!という思いからです。

そういう意味では僕らのビジネスは超理にかなってるし、視界を広げるいい機会にもなってると思う。

そしてもっと自分の今までの人生で関わることのなかった人と出会うことで、

ぼんやり広くなった視界はさらにくっきり映るし、選択肢も増える。

そういう考えが根底にあれば間違えることはあっても、後悔することは減ると思います。

さあみんな勇気をだしてw

壁の向こう側へいこうwww

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。