在庫と無在庫をごちゃ混ぜる

10月がやってまいりました。

もう本格的に秋ですね。

ホリデーシーズンも目と鼻の先です。

その割にだいぶ外注してる案件が遅れまくっててキレそうですwww

うっほw

そのせいでいろいろ遅れてます、泣きそう泣

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近、無在庫と在庫をごちゃ混ぜにしてメインアカウントを運用しています。

最初は在庫管理やら、

ハンドリングタイム、

販売金額を算出するための仕入れ価格など、

在庫販売と無在庫販売で違う部分が多々有り、四苦八苦してたのですがだいぶ道筋がみえてきました。

まだまだ効率悪いですが、これをウンと効率よくフロー組み上げていきたいと思います。

楽しみ楽しみ。
こういうのが一番ワクワクしますね。

年内には仕上げたいところです。

基本的な流れとしては、無在庫はできあがってるので在庫販売の部分になります。

そもそも在庫かかえるわけですから、

リサーチ→シミュレーション→発注→入庫→更新

といった流れになろうかと思います。

やっかいな部分としては、問屋ごとに発注方法がちがう、支払い方法がちがう、

あと発注しても在庫ない場合がある、納品書と実数にズレが有る、納品書がない!wなど

って全部問屋のせいやんけ!w

まあ問屋ってのはかなりアナログな業種なのでムリないです。

このへんはあきらめてます。

でもどっかで一元化しないとむずかしいので、

社内で発注書という一律のフォーマットを作成して、そっから各発注方法で発注をかけるといった方法や、

在庫が不安定以上、発注書=納品書とならないので、

最新の発注書(在庫確定したもの)を納品書として自社作成したものを印刷して入庫チェックするなど、

いろいろ考えてます。

っていろいろ考えてるうちに在庫がドンドンはけちゃってますけどw

あとはamazon上ではSKUで在庫あるなしを区別してます。

在庫あり出してるときは無在庫SKUは出さない、在庫なくなったら無在庫SKUを出す、
といったルールづけすればOKですね。

ebayはまたちょっと変わってくるんでそっちも対応していきたいですな。。。

やること、多い。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。