逆に分ける大切さも

昨日、大荒れのなか松山へ帰還いたすますた!

フライト直前にJALからの案内メールで「引き返すかもしれんからよろしく」的なことを言われたのですが、なんとか無事帰ることができました。

よかったよかった。

んで昨日は日曜だったのでバイトが少なかったのですが、
ちょっと配送が現時点で割とヤバめになってきました。

そろそろ対策を考えなければ。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

amazonだけでもPRIMAでデータ取得できるだけで8ヶ国あります。

ebayなんかもっとあります。

実際amazonやebayだけでもそれだけあるんですから、
複数のプラットフォームで販売している人は多いと思います。

もちろんこれは販売機会も増えるし管理さえ行き届けばドンドンやっていっていいと思います。

ボーダーがもともとあったところを、ボーダーレスに販売していく、

もちろんそれだけで見てみると戦略あるように感じます。

ただ分けたほうがいいこともあります。

それは売上管理です。

これはプラットフォームごとに売上計上を分ける、というのもそうなんですが、

国内と海外、

無在庫とFBA、

新品と中古、

などでもそうです。

分けるというかフィルタできる、でもいいですね。

そうやっていろんな角度から売上や利益を計上してみることで、

どこの場面で、そんな利益出てないのにしんどいことしてるのか、

どういった商材で作業量に対して利益を大きく生んでいるのか観察することができます。

ので、
Excelなんかで売上を計上する際、そういったところまで考えて作ってみると

あとあと見なおしてみたら新たな発見があってオモロいかもしれやせんね!

ま、あんまやってないけど!www

でももうちょっと掘り下げたいな、と思って書いた次第です。

OrderReportで手数料も落ちてきたらいいんですけどね。。。

PaymentReportでしか取れないのが難点。。。

売上計算、ほとんどどんぶりみたいな人も多く聞きます。

そういった人はぜひ細かく利益計算してみてください。
もしかしたら利益出てるつもりが全然でてないかもwww

むしろ赤字やん!みたいな。
そういうひと、ちょくちょく見かけますのでwww

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。