永木、店出しますw

ひょんなことからバリ島へ行くはめになりそう。。。

いやだ、こんな忙しい時期に・・・

リゾートなんか行ってしまったら・・・また遊びまくりたい病が発症してしまう。。。

まだ決まってはないですけど、
もしかしたら今月行くかも。

いやだ、いやですよ。

そんなこんなで、全然関係ないけど、店だします!w

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

本日は質問コーナーです。

なんかひさすぶりですね。

以下引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メルマガ読者の◯◯と申します。いつも参考にさせていただいております。

下記の記事を拝見して私もオーダーレポートから引っ張ろうと思ってるのですが、オーダーレポートにはJANコードが載っていないため、バーコードリーダーでJANコード読み取ってからどのように納品書印刷まで繋げていくかわからず困り果てております。VBAを勉強してオーダーレポートに載った住所から納品書印刷まではいけそうなのですが、JANはセラーセントラルのオーダー管理ページはおろかAmazonの販売ページにすら載っていなかったりします。永木様はどのようにシステムを組まれておられるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
http://eiking.asia/%E9%85%8D%E9%80%81%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%92%E4%BD%8E%E6%B8%9B%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まあこのへんこそセミナーでやりましたけど、

要は取り扱ってる商品のデータベースもってりゃいいわけですね。

そこでSKUとJANが紐付けば、

OrderReport(SKU)→商品DB(SKU=JAN)→入庫管理(JAN)

という感じです。

JANはPRIMAでは、MWSが対応してないため収集不可ですが、
PA-APIつかったシステム組めば集まると思います。

まあ取り扱ってる商品のJANぐらいはデータで持ってないと、問屋発注とかでも使うことありますし、
JANわかればメーカーもわかるし、
その入庫もJANないときついしで、もはや必須項目TOP3ぐらい入ります。

ということで、商品DBをもってJAN集めて連携する!以上

ちなみにコンサルではこのへんも初期の段階から考慮して、商品DBのほうを構築してもらってます。

あとで絶対大変になるのわかってるので。。。

まあ無在庫のデメリットをいかにデータベースでカバーするかが肝になりますね。

なんかマジメなこと書いたな昨日も今日も。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。