Excel VBAというほどよいスパイス

昨日は、いつも飲んでるマックコーヒーが謎に粒入りだったので、

どないしたんや!
と思ったら、ただの豆の粗ごしでした。。。

コーヒーの底を見る
https://plus.google.com/+EikingAsia/posts/PM3gXBuR6MT?pid=6069290483541284466&oid=101946670569456844065

ほんでまったくもう!ってちょっとおこになってたら、歴史上まれに見る大きめの虫が事務所に不法侵入しました。

しかも、こいつ反撃を仕掛けてくるのでかなり手を焼きましたが、なんとか捕獲しました。

不法侵入者はコチラ
https://plus.google.com/+EikingAsia/posts/PM3gXBuR6MT?pid=6069291757707578146&oid=101946670569456844065
※虫
※閲覧注意

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日は先生にVBAの講習をしていただきました。

元々C言語を高校でかじってたので、変数の考えかたとか、ループ文とかなつかしかったです。

これで僕もVBAマスターに!

Excelで済むような簡単な作業でも、
ちょっとめんどくさいことってあるじゃないですか、

たとえばまあExcelで価格更新用のPriceInventoryを作成する場合なんかでも、

Sheet1にPRIMA_jp出力データをコピペして、
Sheet2にPRIMA_world出力データをコピペして、
Sheet3で両方のデータとDBを元に計算して、
Sheet4でPriceInventory形式で出力して、

できたそのSheet4をtxtタブ区切りで名前をつけて保存

そのtxtをアップロード

って感じになると思うんですけど(PRIMAユーザ前提w)

このコピペの部分をボタン1クリックで、
エクスプローラ開いてPRIMA出力ファイルを選択して、Sheet1,2にインポートできたらだいぶ早くなることないっすか?

最近コピペミスとか関数ミスでASINいっこずれちゃってとんでもない価格でアップしちゃったってのをよく聞きますが、そういったヒューマンエラーも予防できます。

で最後もボタン1クリックでtxtタブ区切りでtxtファイルが出力される

いちいち、名前をつけて保存→ファイル名変更→フォーマット変更→保存

とかいう行程もいらないんですよ、
だいぶ楽になりますよね。

まあそういった関数ではどうにもならない部分、VBAではカバーできるので外注するほどでもないし勉強しようと思った次第です。

夢広がった!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。