中国のネット環境について

上海→義烏につきました。
やっほい。

つっても今日からまた上海戻ります。

こないだのメルマガではイガラム風に国を去ってみたんですが、

そういえば日本出発前、成田に到着して、第2ターミナルのサテライト館のサクララウンジにいってきました。

このサテライト館は初めてだったのですが、
まあサクララウンジやからたいして変わらんやろ、と思い普通に行ってみました。

そしたらどっこい!!

なんてこったですよ!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

本日はただのぼやきです。

ただただぼやきます。

まず、僕はいつも海外いくときはグローバルWi-FiでポケットWi-Fiをレンタルしてお出かけします。

基本的に関空や羽田、成田などでは空港受け取りが可能なので、

ネットで申し込んで空港の窓口で受け取ってそのまま持って行って使うッて感じ。

で、帰りはまた到着空港の窓口で返却(だいたい返却BOXがある)するって感じです。

TSUTAYAでCD借りる感覚ですね。

今までいろんな国(まあアジアだけですが)で試してみてだいたいまあ、日本と比べたらあれですがそこそこ普通にネットはできるかなって感じなんですが、

中国だけは別です。。。

全然つながらんwww

いや金はらっとんですけどwww

今年3回目ですが、これまで満足にネット環境を得られたことがありません。。。

こればっかしは悩ましいところ。。。

いやつながるにはつながるんですけど、

VPN経由しないとTwitterやFBは見れんし、google系もほぼダメ。

普通に検索とかしてても遅かったりいきなり全然つながらんくなったり。。

そこで今まではVPNっつっても無料のやつ使ってたんですよ。

毎日ユーザーIDを替えないかんようなやつです。

ですがもう我慢ならんので月額1,000円ぐらいのを契約してみました。

そしたらGメールもサクサクやし、普通に仕事できる!!

ということで中国行く場合は、有料VPNをおすすめします。

1ヶ月1000円ぐらいのもんなんで、まあ行くときだけ契約するのもありですね。

無料のVPNもつながることはつながりますが、それなり!と思っておいてください。

と、中国3回目にして気づいたのでした。。。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

2 件のコメント

  • 初めまして。棚橋と申します。18日からAmazon.comのDVD販売に規制がかかりますが、永木さんのところではどのように申請されたのでしょうか?というのもAmazonやネットショップなどのオンラインショップのinvoiceでは通らず、卸売業者のinvoiceが必要とされているようだからです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。