アメリカという無視できない国

昨日の晩より名古屋に来ております。

今回こそはあんかけスパゲッティを食べてやろうともくろんでおります!

名古屋来るたび食べるもんばっか考えてますが。。。

本日は夕方から山田さんのセミナーにも参加してきますー。

久々に会うひとも多いので楽しみです(^^)

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

これまで海外販売を2年半ちかく続けてきて、一番売りまくった国はどこだと言われたらもちろんアメリカです。

ズバ抜いて他者をよせつけない圧倒的な差でアメリカだと思います。しらんけど。

で、そんな最大の取引国アメリカにこれまで行ったことなかったんですが、今回はじめて行ってみて、

ほほう、俺はこういう国に今までモノを売ってたのか〜

というのを肌で体感してきました。

現地のアメリカ人たちといっぱい会話しました。

めっちゃナンパされるんですよね、男からですけどw

まあナンパっていうか普通に声かけられるっていう。

じゃあなにがわかったの?と言われたらべつに何も新しい大発見があったわけではないのですが、

これまでインターネット上の情報や、実際もカスタマーとのメールや電話のやりとり、また知り合いから聞いた情報などから、想像でしかなかったアメリカに住むアメリカ人という人物像が、より輪郭を得てはっきり見えた感じです。

それをもって実際の業務になにかしら落としこむってほどでもないですが、
相手を知ることは大切なことだなと感じます。

自分が売ってる商品を現地のお客さんが実際に手にとって喜んでいるビジョンというのがどれだけ明確に思い浮かべることができるか、
がCustomer Satisfactionを満たすうえで最大のポイントだと思います。

と、ハリウッドのクラブでクエート人と話しててふと思いました。(アメリカじゃねえのかよ)

クエートに来い!!ってめっちゃ言われましたが、日本人はSmartでクエートの人はみんな大好きだとのことです。

僕は対して貢献してないですが、日本人としてそういったことを言われるのは嬉しいですね(^^)

ドヤ顔で「せやろ?」って言いたかったけど、英語が思いつかんかったのでやめときました。

でも住んだら絶対英語上達するわ、これも肌で体感しました。

マジ住みてえ。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。