俺メッシみたいやん。

昨日はクライアントのかたがたと面談を行ってきました。

みなさん最初に9月頃にお会いした時とかなり状況が変わってて普通に1000万狙ったりできてるので楽しかったです。

まあ普通にいけるし、がんばりましょ。

入り口は転売でもなんでもええねん、出口さえしっかりすれば継続してビジネスとして持っていけるんやでってのをみなさんに理解してもらえたようでよかったです。

喉乾いたけどw

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

事業を大きくするにつれて結局マンパワーではいろいろと限界が訪れて来る時期が来ると思うんですが、うちももちろん例外ではなく、だいぶ昔からワタクシの限界は超えてるので、メンバーが成長しない以上これ以上の組織としての成長ができません。

売上もひとつの成長の指標ですが、
僕のなかで成長というのはアクセルを踏む力、そしてハンドルを切る能力を身につけていくことだと思ってます。

作業を覚えることが成長ではなく、作業を生み出すことが成長だと思います。
むずいけど。

結局うちってなんだかんだ、
J2の例えば愛◯FCのFWにメッシがいるだけのような会社です。(うちは粉飾決算はしてないけど)

会社である以上、個人プレーではなくチームプレーが必要なんですが
それぞれのスキルが高くありません。

企画力、洞察力、マネジメント力どれをとっても全員僕以下です。

PCスキルでもWordPressやHTML、Excel関数やマクロ、画像編集やなにをとっても僕が一番できます。

そんな、J2にメッシがやってきた!みたいな会社なんですが
それもそのはず社会経験のないようなやつやまともに働いたことないような奴ばかりだからです。

もちろんこいつら全員クビにして求人費オニのようにかけて良い人材をとって組織を組んでいけば売上を上げるのは簡単だと思います。

じゃあなぜそうしないのか、

今までは自分がいなくても会社が回るような仕組みを作りたいからちゃんと継承して従業員だけでやっていけるようなカタチを作っていこうって気持ちが強かったですが、

まあ無理してそうする必要もないかなと。。。

別にメッシの得点率高いんならメッシがシュートしたんでええやん、パス回しだけさしとってええセンタリングなり最終的にメッシにパス出せるやつがおったらええやんって思うようになりました。

んでどっかでいつかネイマールみたいなやつが現れるやろうから、そんときに継承したらいいかなって。

まあそれまではメッシ現役でがんばります。

とにかく会社のパフォーマンスも大事やけど、それよりはエンターテイメント性を重視したい。

めっちゃ売上あるけどピリピリした会社と
売上そこそこでBBQとかくそ楽しそうな会社なら

僕は後者でありたい。

ただ全力で遊ぶためには全力で仕事しとるやつらとやないと全然おもんないから、
全力でやらんやつは置いていくけどな。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。