結局は粘りっけの話

松山帰ってきてからだいぶ寒いです。。。

大阪→なんやこれ寒いなー大阪!

東京→東京のほうがえらい寒いなー!

松山→おうおう寒なったな松山も!

結論、全国的に寒いみたい。

松山では、椿さんという祭りが毎年旧正月にあるんですけど、

椿さんが過ぎたら暖かくなるよねっていう都市伝説があります。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

確固たる自信と楽観視の見極め方って実は非常に難しいんですけど、

余裕ぶっこいてるように見えて、結果なんも考えてなかったのでなにか起きるとあたふたして痛い目会うってのが楽観視で、

余裕ぶっこいてるように見えて、確信に近い明るい未来を描いてるからなにが起きても余裕ってのが確固たる自信。

見た目的には大差ないんですけど、
自分自信、確固たる自信があって余裕ぶっこいてても頭ン中では「こんな楽観的でいいのか?」という不安にかれれることも多いですよね。

なんか抜けてるとこあるんじゃね?

把握しきれていない問題点がある?

じつはもっと難しい問題だった?

これは結局終了のお知らせの序章なの?

これって結構難しいんですけど、
ここで折れて変な施策したり右往左往してキョドったりするとだいたい良いこと起きないw

たとえば僕がこのビジネスを始めた2012年8月ころ、
5ヶ月後の12月に100万円以上の月利というのは内心確定してました。

ジャギステージでの赤オーラ大の2チェばりに確定してました。

先に確定してるので、じゃあ根拠どこやねんって話なんですが、
根拠はあとづけでOKです。

100万円以上の月利を12月に上げるための根拠、すなわち自分が確信し続けることができるほどのレベルの行動を行うことで根拠づくりをしていくことになります。

イメージできますか?w
意味わからんからやめて言うたけどもうラッスンを待ってるってひとは何回も読み直してください。

出口は決まってるけど、そこまでの道のりはギザギザだし、もちろん目的と逆行した事象も発生します。

でもそれすらも根拠にしてしまうんです。

なるほど、ここで一回落ちるんね、ほんで来週ぐらいにボーンか!

みたいな感じ。

ポジティブ思考とか、思考は現実化するとか言うけど
ただの表現方法の違いで結果言いよることはみんないっしょなわけです。

逆行したときに粘れるかどうか、
最終的な目指す出口を確信し続けることができるかどうか、

がポイントです。

決して楽観視してるわけではなく、現状の問題点やわだかまりなどももはや根拠のひとつとして捉えることができるようになれば、だいたいなんでもできるような気がします。

今年入って公私ともにいろんないいこと悪いこと発生しまくってますがw

はっきり言って織り込み済みや!
最終的に勝ったらええねん!w

基本こういうのは勝ち戦なわけで、
先鋒、次鋒が負けても中堅、副将、大将が絶対勝つようになっとるんやから。

とまあ、ある程度勝機が見えるまでこんな話負け惜しみすぎてできませんでしたがw

諦めず粘れば戦略なんていくらでも思いつくし、絶対クリアできる方法もあると思うんですよね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。