2015年は早くも第二章へ。。。

昨日しがたいろいろ今回の問題がクリアになりました。

まだ引っ張ってる案件もあって若干しこりは残ってますが、とりあえずは万事休す!

また詳細は落ち着いたらメルマガで書いていきます。

しかも問題が解決した矢先、高松◯税局からのTELがあったので

「一難さってまた一難ですか?」

って聞きたくなりましたが、それは大したことじゃなくてヨカタw

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて今年に入ってはや1ヶ月半が過ぎたわけなんですけど、

マジで意味不明なくらいぐるぐるしてたw

でもこの本来停滞期となるこのタイミングでいろいろ新しい体制を整えることができたことに感謝したいです。

現在配送業務の部隊と営業部隊で事務所分かれてるんですけど、

配送部隊にはこれからたぶん地獄を味わってもらうことになりそうですが、
そのぶん営業部隊で利益ぶんどりに行きたいと思います。

もはや今年は第二章突入ですよ、
意味わかんねえよ、めまぐるしいよw

実は新事業に向けてこのあいだ準備してたので、
その準備がほぼこのヒマなあいだで完成したのでたぶん2末ないしは3月頭から全力でぶっこめると思います。

といっても前例があんまないので手探り感はんぱないですが。。。

PULL型とPUSH型の営業ってあるじゃないですか、

プラットフォームでの販売って結局PULL型なんです、
だって「amazonに訪れる」というアクションを行った人に対してモノ売るわけですから。

もっと何気ない日常を送っているひとたちにものをうって上げないと産業の伸びってのは必ず頭打ちするはずなんです。

PULL型では、買いたい!っていうひとは拾えても

買いたいけど、よくわかんねえ
買いたいけど、めんどくせえ
言われてみれば買いたい
そこまで言うなら買ってみたい
そんなの知らなかった!買いたい!

あたりのニーズは絶対カバーできませんからね。

このへんはこっちからアクションかけないとやっぱ出現しませんから、
だから営業するわけです。

そのための武器をこの1ヶ月半で揃えてきた、という感じです。

もしかしたら今までこのビジネス初めてからで一番ワクワクしているかもしれません。。。

修羅に入って城門突破や!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。