需要の裏側まで考えること

はい松山帰りましたー

ただいまー

昨日は朝イチで起きて立川まで髪切りにいってきました。
マジ遠すぎ、でも中央線のホリデー快速乗れたら割りと近い。

新宿駅はのりばがちゃうんだな、ありゃだまされますね。

でももう覚えたから次から絶対乗れるはず。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近、うちの得意商品ってのが増えてきまして、
それの販売戦略をいろいろ社内で考えてるんですが、

とにかくいろんな案があっておもしろいです。

例えばなんでもいいや、とりあえずある「茶碗」が売れてるとするじゃないですか。

じゃあなぜその茶碗が人気なのか?

ってなったときに、

「いやamazonの茶碗カテゴリで1位だから」

じゃ全然おもんないわけですよ、うちでそんな発言したらイジメにあいます。

Why?

まずなぜ1位なのか、数ある茶碗の中でなぜその茶碗が1位で、

なぜ現地の業者じゃなくて僕らがそれを売ることができてて、

なぜ現地の人が目をつけてないのか、

そもそも人気のある原因はなんなのか、

このあたりを探っていくことで、いろいろアプローチが変わってくるわけです。

でちょっと今あるおもしろい作戦を考えてます。

これまた結果出次第報告しますけど、
すでにおもしろい結果が出始めてるので、たぶんめっちゃおもしろいことになりそうです。

ようはその商品の背景をどれだけ知れるかで、
違った売り方、違った売り先、OEM生産などが見えてくるわけです。

いまこのプロジェクトをちょっとFirst Priorityでかちこんでます。

目に見えてるamazonセールスランクや、レビューの数が全てではないのです。

ものごとには原因があるわけですから。。。

原因をつきつめていけばネガティブな事象にたいしては対策が打てるし、
ポジティブな事象に対してはどんどんリスク取っていけますしね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。