Delivered on time問題

さあレミオロメンの日も終わり、
梅が咲いてそろそろ桜かなと、春の訪れを徐々に醸し出しているなか、

わけわからん寒波に見まわれ、単純に西野カナのように寒すぎて寒すぎて震える日々を過ごしてるアルパカがいたら僕です。

他のアルパカがたはいかがお過ごしですか?

僕は昨日、あまりにもアルパカ過ぎて、嬉しい事にアルパカのフォークをいただきました。
かわいいでしょ

I've received bowl and fork of my image character Alpaca as a gift! That made me happy, thanks♡

A post shared by EIKING (@eiking_jp) on

続きは編集後記にて
※アルパカのみ

最近amazon.comが全力をあげて掃討作戦に出ています。

お気づきかと思いますが。。。

顧客至上主義とかいいながら、僕らもMonthly feeはろとんやからamazonからしたら顧客ちゃうんけと思いつつ、
ものすごいしわ寄せを感じています。

とりあえずなんでかわからんけどアカウントPooooooooooor!!になってる人がいると思います。

それの大体の原因が今から説明することです。

今回施行されたのは、On-Time Delivery ScoreのDelivered on timeについて、
今まで日本郵便の追跡はN/Aとなってたと思うんですけど、

今年に入ってからテスト段階を重ねてようよう最近徐々に導入してきました。

とうとううちにも昨日ぐらいからきました。

このスコアの下がる原因は、
Actual Delivery Date、つまり実際の到着日が、
Promised Delivery Date、つまり到着予定日から過ぎたらあかんよって意味です。

今んとここれはamazon.comのみですが、
一番気をつけないといけないのはHandling timeが短く、なおかつExpedited shippingを選択されたオーダーです。

これはMinimumで、
Handling, expected delivery date, week endを挟んで7日後、

つまりオーダー日から7日後には商品が届いてないといけません。

OMG!
EMSでも余裕で過ぎることありますよね、7日なんて。。。

じゃあこの問題、どーすればいいのか?

結論は。。。

どーもせんでよし!!

まあこのOn-Time Delivery Scoreは、ODRやCancel rateなんかよりは重要視されていませんので、
気にならないのであればほっといてください。

カートも普通にもぎ取れます。

ただ。。。

他に実はちゃんとやっといたほうがいい理由はあるんですね。

まあその理由気になる人は、ぜひLINE@でご連絡ください♡

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。