余儀なくされていたマルチプレイ

昨日はうちの男連中が、

事務所→配送センターへ、以前使っていた長めの棚(長さ4メートルぐらい)を4人ぐらいで担いで持って行ってました。

神輿か。

まあそれが言いたかっただけなんですけどね。

これで棚が片付いたので、
以前配送に使っていた部屋をもっと有効活用できそうです。

今はマジでただの物置というか在庫置き場ですが。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近はamazon、eBay以外の事業のしごと量も増え、
圧倒的に人手が足らない感が社内で漂い始めている今日このごろ、

私達はいかがお過ごしでしょうか?

プロジェクトスタートの日付は毎日先延ばしされ。。。

問題が発生すればその日の半分はそれに追われ。。。

別の事業で手一杯だから、他のこと忘れたり。。。

っていうのが僕含めみんなそんな感じになってますw

効率悪い。

現在なんとか安定した売上を保っている海外B2Cを守るのも大切ですが、

他で伸びたくて伸びたくて震えている事業たちが、
洗った首はとうに乾いてもはやコーヒー飲んで待ってます。

先日新たな拠点を??

という話をしましたが、
実はその新たな拠点と、今回の話、そして冒頭の物置の整理はすべて理由がひとつにつながっていて、

社内体制として大きく、いや、

にわかに、変貌をとげようとしています。

今までマルチ・プレイヤーを余儀なくされていた調査兵団のみんなに、
それぞれ分隊長を任していこうという段階にきました。

マルチプレーヤーはすなわち、
出荷もやるし、リサーチもやるし、FBA納品手配するし、国内営業もするし、英語でCSもするしみたいな感じw

覚えることも多いし、
日々のルーチンもかさばるので非常に効率悪い。

じゃあなぜそんなことやってたのかというと、
できる人間が限られていること、そしてたぶん普通に人足りてないからだと思います。

でも主要メンバーはこれ以上増やす気もあんまないし、
このメンバーでどこまでいけるかやってみたいので、

あとは外注やパートナーと手を繋ぎつつ、
バランス取ってやっていきたいな。

5月からはほぼ新体制になれそうわくわく。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。