出荷フローの見直し

そろそろ仕事モードに切り替えねばって思いながら
なんだかんだ仕事ばっかしてますね。

今日は急遽東京に行ってきます。
おととい帰ったとこなんやけどな。。。

久しぶりに飛行機のチケット買ったわ、くっそ高いわw

明日帰りますけど。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

今年のホリデーに向けて、
今オーダー管理含め、出荷フローの大幅な見直しを行っています。

どうしても時間がかかるポイントが数点あって、
そこをなんとか少人数でなおかつスピーディに流せないかどうか模索中です。

新しいプリンタ買ってみたり、
そもそもの作業工程をひっくり返してみたり、
いろいろ試してみます。

もともと、100%最強のフローだなんて一ミリも思ってなかったので、
崩すことに全く抵抗はないです。

アベレージで1000件/日は出せれるようにせねば。。。

ちなみに今年のホリデーはもちろん今までの販売もそうなんですが、

みかん売らなあかんのですよ、みかんを。

うちのばあちゃんとこのみかんを!!

みんな買ってくださいね!
愛媛の温州みかんですよ、うまいです。

今までは農協に出してたんですが、
やってらんねーわってことで僕が売ることになりました。

僕が中学校ぐらいんときにじいちゃんが亡くなってから、
うちのばあちゃんはずっと一人でみかんを作ってきました。

たまにみかんもぎに手伝いに帰ったりしてましたが、
これからは売らなあかんので、ホリデーも大変ですけど
みかんもがんばって手伝いたいと思います。

盆明けぐらいから受注開始しよかな思うてますので、みんな注文してね♡

話がそれましたが、
そんなみかんの出荷もあるので、今からいろいろ海外発送のフローも見なおさないけないわけです。

めんどうなポイントは、
同梱商品
在庫と無在庫の同梱
書留と書留なし
Invoice
とか、

また加えてCN22とかShipping Labelの貼り付けフローです。

基本全てBulk印刷してるので、
これを都度の単一印刷にしたらどうなるのかとか、

人間の作業をどこまで減らせるのかってところに焦点を絞ってブラッシュアップしていきたいと思います。
まだまだ詰めれるはず。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。