商標権と知的財産権とあれこれ

弾丸で東京から帰還しました。
やっほ。

それから雑誌の取材があって、
ソッコーで帰らしてからメーカーのひと訪問してきたので

いろいろ来月のプププ大作戦へ向けて全面的な協力を依頼してきました。

おそらく来月は今までのビジネスの中で最高にアツい月になりそう。

また詳細は終わったら書くけど。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

amazon.comでは最近立て続けにWarningがバンバンきてます。
もはやいつ止まってもおかしくないですね。

日本のメーカーでもバンバンきてますね。

もう容赦ないです、すごいやりづらい市場になってきましたどんどん。

このへんをどんどん精査していくつもりなのか、
はたまた権利者を名乗ったものの横暴が続いているのか不明ですが、なんせ風向きは悪いです。

ただ商標権や知的財産権の侵害については、
一概にも言えませんが基本的に今んところ為す術がないです。

だって実際のメーカーがそくって取られてるもん。
これは僕らの問題ではない。

どうしようもない問題がつきまとっているわけです。

それを悲観するのも対策練るのも勝手ですが、
問題はそれに応じて今後どのような販売スタイルに持っていくべきなのか先の先まで考えることです。

まあまあまだ大丈夫だろうとか、

次来たら考えようとか、

もうそんなぬるいこといってられなくて、
関連商品または該当商品をInventoryからとりあえず抹消するのはもちろんのこと、

いつまでも同じようないたちごっこしても精神的に疲れるし
そもそもそんな環境でのビジネスなんておもんない

僕はおもんないことしてまで稼ぎたくないです、
こんな問題が多発するのであれば本気やめたいです。

でもそれもひとつの選択肢だと思うし、
その選択が間違ってるか合ってるかなんてその瞬間には誰にもわからないことで、

あとあと思い返して、あああんときの選択は間違ってなかったんだっていう
自分なりの答え合わせをリアルで再現していくのもひとつの新しいビジネス開拓なのかなと思います。

昔から大きな流れには逆らわないように、
時代の流れにそって今まで生きてきましたので、もしそういった流れを感じたときは流れに身を任せたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。