粗利益の見える化

最近いそいそでメルマガとびとびですいません。

昨日は悪天候の影響でANAに脅しいれられたので、
泣く泣く飛行機をずらして今日にしました。

全然泣いてないけど。

ということで、また今日から東京です。
あいにく予定パンパースです。

ゲリラ飲みはまた来月に。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

最近、さまざまなプロジェクトのなかで、
事業ごとの粗利益の見える化を図っています。

というのも、
現状だと、ざっくり全体でこれぐらい利益あがってますよ、
人件費とか固定経費がこんなもんだから、およそ◯◯◯万ぐらいは利益残ってる計算ね~

ぐらいでしか把握できてない部分があったりします。

そうすると、結局どこに全力投球したらいいのかわかりづらいんですよね。

そこを例えば、
割りと梱包に手間がかかる、けどやたら売れる、
でもよくよく手間考えてみたら利益全然のってなかったり、っていうケースも中にはあるはず。

なので出来る限りそういったSKUベース並びにオーダーベースで、
こんぐらいの利益になりましたぜ、
原因はこれですぜ、もっと増やしましょうね、

っていうのが説明しなくても見たらわかるレベルに持って行きたいですね。

なにも言わなくても従業員が力の入れどころがわかるように、
そうすれば勝手にやっちゃうと思うので。

こういうパフォーマンスベースばかり見ていてもダメなんですけどね。
改善案は出やすくても、新しい利益は生みにくいです。

このへんもバランスですね、
利益を拡張していく部分と、利益を開拓していく部分と。

そして既存利益を守る部分も無視できませんからね。

忙しいな。

まあサッカーでいうなら、FWとMFとDFみたいな感じですね。

どうやらうちはサイドバックが弱いようですw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。