最大の味方と最大の敵

おとといより東京にきております。

寝るとこ考えずに来たので、その日暮らしでつないでます。
今んとこなんとかなってる。。。

今日明日で鬼のスケジュールとなってますがなんとか乗り切りましょう

ちなみに今月1社決算あるのでドキドキです。
税金のこと考えると吐きそうです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

海外販売において最終的にキモとなってくるのはなんだと思いますか?

売上もバンバンあがってきた、
これから他事業者との差別化や、さらなる売上げアップを目指す上でどういったものが必要になってくるのか。

いろいろ要素があるのですが、
そのひとつがメーカーです。

海外販売において、メーカーの協力というのは絶大な効果を発揮する部分になります。

しかし、逆にメーカーの圧力によって絶大な逆効果を与えられるケースもあります。

どちらかというと、後者のほうが多い印象ですwww

逆効果の原因ですが大きく2つで、

・現地代理店からの抑制

と、

・海外を懸念した供給規制

です。

ようはどれだけ需要を確認・確保できたとしても、これらによっていとも簡単に玉砕されてしまうケースが多々あります。

うちも多々ありますw

これらに合わせて、メーカーの意向に沿わないケースとして、

・現地権利者からのイチャモン

というのもあります。

売れる売れるいうても商材によってはこういった問題に直面していくことも多いんじゃないでしょうか。

またこのへんについては、
ひとつづつ細かく紐解いていきたいと思います。

そんなことより、
じゃあ売れまくってくるとそういった問題に直面するとわかったうえで
どういった行動を今からとっていくべきなのか、

っていうところが一番重要ですね。
つっても考えたらわかると思うんですけど。。。

月商1000〜2000万ベースであればいたちごっこでなんとかamazonとかでも食いつないでいけるかもしれませんが、
それ以上を目指していく事業者となると、なにかしらこの問題に対してどっかしらで工夫が必要ですね。

やっぱそのへん一番参考になるのが山田さんの会社のやり方です。

いずれはああなっていかなあかんな〜と思いつつ、うちもがんばってますw

〜編集後記〜

税金を収める季節になってきました。。。

はあ。。吐きそう。。。

なんか今年はなんとか赤字にもっていったとか聞いたりしますけど、
どやってんの?w

どうあがいても絶対赤字になんか持っていけんと思うんですけどw

究極の理想はプラマイ0を永年続けていくというのが僕の考えなんですが(過去記事参照)
どうも理想とはかけ離れまくっているようです。。。

もっとお金使わないかんな。。。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。