Customer目線からみるFix

今日は祝日みたいですね、日本では。

まあ日本いるんですけど。

世間ではGWですね。。。
僕は過去最高にはちゃめちゃなGWになりそうです。

まあ理由はまたGW真っ盛りのころに話します。

ところでうちのMaxbookが病気気味なんですけど誰か助けてくれませんか、ボスケテ。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

どんなビジネスするにしても顧客目線での考えかたってのは大事になってきますね。

amazonは顧客超第一主義を謳ってますが、
あれも顧客目線から考えた結果、30日間の返品対応とか、PRIMEサービスとかが生まれたわけなんでしょうけど、ちょっとまあやりすぎの気もしますけど僕にはわかりませんw

そんな僕らもamazonで販売する場合、結局顧客に商品を選んでもらって
なおかつ購入先ストアとしてうちを選んでもらわないと買ってもらえませんよね。

じゃあまず、そうやな例えばタワシが欲しいひとがいるとして、

タワシ欲しい人がタワシをamazonで買おうと決めていたと仮定します。

そうするとまずどうするでしょうか、
検索窓にタワシと入れるかもしれませんね。

カテゴリで、ようわからんけど掃除道具とか?
そんなとこまで掘り下げて最下層カテゴリのランキングを参照するかもしれません。

なんにせよ、タワシの商品ページを発見します。

ひとつじゃないかもしれません、
タワシにもいろいろ種類があります。

鍋の焦げ付きなら金ダワシが必要かもしれません。

そうして候補を絞り込み、レビューや価格、さまざまなものを考慮してとあるタワシに決定します。

今回はよく学校などにあった茶色い、東京フレンドパークでもおなじみのアレにしました。

なんとそのタワシ、出品者が100人超!
でもそんなこと気にすることもなく、Add to cartして購入してしまいました。

よくある光景ですね。

いろいろポイントがあったんですが、
結局最終はこういうとこまで考えて、販売方法を構築してるかどうかってことです。

昨日ちょっろっと話した必殺技の話も、LINE@などでいろいろ問合せもらいましたが、
そうやってノウハウに走ってるといつまでも本質はつかめませんでw

うまいやりかたには必ず根拠があります、
やりかただけ聞いてくるひとはその程度、やりかたよりその根拠を聞いてくるひとはたぶん本質つかめる人じゃないかなと思います。

必殺技っつっても全然真新しいこともないです、
ただやってる人は少ないです、めんどくさいから。

必殺技なんてそんなもんですよね、なんでもw

それも結局カスタマー目線から生まれたものです、
普通にカスタマー目線で考えてたら誰でも行き着くような方法です。

単純に考える絶対量が低い。
まずはそれに気づいてほしいものですね!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。