決算前にてガクブル

今日は松山の兄貴がちょっとトラブルで帰国してるとのことなので、

事務所に突撃となりの晩御飯してきます。

なにげに僕は初訪問です。
何時ぐらいがいいですか?っつったら、

何時にきてもトラブってるからいつでもいいよ、とのことでした。
ちょっと出荷フローで学びたいとこがあるのでお邪魔してきます。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さあ今月で決算の会社があります。
2社目のほうなんで1期目、生涯2回目の決算経験です。

毎度のことながら月末になって吐きそうになります。

いっつもバタバタするw
まあ原因はわかってるし、解決したので次からは大丈夫!なはず!

いくら経費削減して、いくら売上してお金をたんまり残したところで40%弱のお金を持ってかれる国で僕達仕事してます。

しかも特にネット販売というのは全部モロ見えなので、
下手なことして追徴くらうぐらいなら正直に申告したほうが普通にかしこいわけです。

ただじゃあ黙って数百万~数千万持ってかれるのを黙ってこらえるわけにもいきません!
うちが稼いだ金なんやから!

でも置いとったら持ってかれるわけですから、
使う必要があるわけです。

できたら現金おいたまま使うってのが理想ですよね。
現金おいたままできる節税ってのはでも限られてますのであんま何の足しにもなりません。。。

ということでやっぱり現金はたいて使う必要があるんですが、
これは単に無駄使いしていいというわけではないです。

本当の無駄使いするぐらいなら、
税金はらったほうがお金残るからです。

じゃあどう使うのかというと、
使った分、来期以降にそれ以上で返ってくるような使い方をする必要があります。設備以外で。

この来期以降にお金を増やすために使えてなおかつ減価償却ではなく全額損金扱いできるものってなると、
これまた限られてくるのですが、

これをたんまり使えるひとになりたいです。
まだまだ全然使い方がへたくそだし、全然使えてない。

流動性があるものを一箇所にとどめておこうとすること自体が流れに逆らってますので、
もっと潤滑させることが必要ですね。。。

ということで、とりま第一の陣終了!

今回は割りと納める!w
もちろん理由はあるよ。

そんなことより来月の決算がヤバい。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。