Home > ライフログ > ビジネスとプライベート
Digital Online Private Protection Office Working Concept

ビジネスとプライベート

昨日は松山から連れが来てたので、
下北に住んでるそいつの姉ちゃんと3人で飲みにいってきました。

なんか東京来てから毎晩飲んどるやないか。

そして今日はIKEAリベンジ行ってきます。

テーブル置いてみてスペースがだいたい把握できたので、
あと棚とか、カーテンとかも買ってきます。

徐々にシャレオツなオフィスに進化している。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

ビジネスとプライベートとわけた方がいいというのはよく聞きますけど、
じゃあ具体的にどうやってどんなラインでわけたらいいのかって難しいところで、
結局なあなあになってあんまりわけれてないってことも多いかと思います。

ただ逆に分けすぎても問題で、
例えば仕事でつながりのあるひととはプライベートな時間で絶対あわないとか、

別に会いたくないひとと会う必要はないですけど、
中には気が合うひともいると思うので、そういうのは別に分ける必要もないんじゃないかなと思います。

例えば他にも、日曜日は仕事休みって決めたから絶対仕事しない!

とか決めてるひともいると思うんですけど、
それも結局良い方に転ぶか悪い方に転ぶかはその人次第で、

全てのひとに共通して言えることではないですよね。

僕なんかもこのビジネス始めた1年ぐらいは友達の結婚式以外は飲みにもいかなかったし、賞味な話1日も休んだ覚えはないです。

そういう時期ももちろん必要だと思うし、
だからといって今もじゃあそんぐらいがんばれるかと言われると、
必要に迫られればできるけど、今んとこそこまで迫られることもないので今はちょくちょくオフったりしてます。

携帯は仕事用とプライベート用でわけてますか?

まあ僕らの場合はお客さんが海外が多いのであんま関係ないんですが、
お客さんとプライベートの連れと同じ携帯を使うのがイヤという人もいます。

ちなみに僕は携帯一個しか持ってないです。

僕はそのへんフラットなんですけど、
じゃあどうやってそのビジネスとプライベート分けてるかというと、

PCが手元にあるかどうか、だけですw

PCが手元にあれば仕事できちゃうのでなんかあればすぐマクブク開いちゃうし、
なければスマホで確認するぐらいしかできないので仕事にはなりません。

だから基本的に分け隔ては特にないです。
それがいいのか悪いのか不明ですが、
こういうのって結局まだそんなに事業としてうまいこといってないひとほど気にしてる印象ですw

正直そんなことどーでもいいし、
どーでもよくないことはそれ以上に多いはず。

というどーでもいい話でした。

なんか話がおっさんぽくなったな。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

ネット物販会社としての目的(ミッション)って何やねんって考えてみた

インターネットを通じて小売(E …

仕事ができるなあと感じるコンビニ店員

仕事ができるできないの判断って …

Redmine導入した理由

ホリデーシーズンに差し掛かって …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です