Home > 販売スキーム > amazonの新しいページ偏移
454de2a6-a2c4-4de3-aac9-bf4a914c6536

amazonの新しいページ偏移

昨日は空気清浄機とシュレッダーが到着しました。

シュレッダーはいったけど、
空気清浄機なんか買ったん初めてやし、
そもそも必要性をあんま見いだせてないんですが、

とりあえず設置してみたけど、割りとデカイし邪魔w

まあしょうがないので隅っこに置いときます。

もうこんぐらいにしとこう!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

特定のカテゴリに対してのみですが、
amazonの商品ページの挙動がかわったのはご存知ですか?

例えばこのページみてみてください。
www.amazon.com/dp/B00AHAWWO0/

次にコチラ
www.amazon.com/dp/B00AHAWWO0/#mini_olp_section
※Cookieによってはダメかも

「11 new from $52.15」

ていうリンクが2つあるんは知ってますよね?

Buy boxが適応しているページに限ってですが、
メイン画像の右下あたりと、
サイドバーのセラー一覧の一番下です。

これ、
このカテゴリBeautyなんですけど、

画像横の「11 new」を押すと上記リンクに飛びます。

同一ページなんですが、
カート獲得資格のある上位5セラーが表示されます。

ただサイドバーの「11 new」を押すと今までどおりセラー一覧ページへ移行します。

ちなみにToys等のカテゴリではなってない模様?
(Cookie消してまで確認してないけど)

この仕様変更によってなにが変わるのか、
そしてどのような対策が必要なのか。

まあ知らんけど、
まず考えるべきはamazonの意向です。

なぜこのような仕様変更を行ったのか。

今まではカートボックス+3セラー(サイド)がトップからの直リンクを得てましたが、
これによって5セラーになりました。

ちなみにカートボックスのセラーもこの5セラーには含まれる模様。

しかしページを下スクロールする必要はある。

まああんま大きな影響はなさそうですけど。。。

こういった仕様変更はときにおおきな影響を与えることがあるので、
ユーザビリティの面からも、実際にCustomerが購入する工程やUIなどは定期的に確認することが必要ですね。

ただ最近amazonでいっぱい買い物して思ったのは、
もう多少高くてもFBAのしか買わねえってCustomerの気持ちが死ぬほどよくわかりましたw

FBA増やそうw

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です