Home > 販売スキーム > キャッシュフロー問題

キャッシュフロー問題

おとといは熊本の雄クニキ氏が東京に羽を・・・じゃなかた
足を伸ばされたということだったので、
みんなで飲み行ってきました。

そしたらなにを嗅ぎつけたのか、
急にあのひとからTELが!

「今どこで飲んでんの?」

「し、渋谷っす」

「俺六本木おんねんけど、」

「はい」

「もうちょうしたら行くわー」

「!?」

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

本日からちょっとFly awayするので、
決算の最終調整を昨日やってたんですが、

散々頭悩ました結果、もはやあきらめましたw

もうこれ以上どーにもなんねえw

確かに税金って目に見えて何にもなんないものなので、
そりゃあもうまあまあの額を収めるとなると、

僕のような凡人であれば吐きそうになりますが

まあ今回は大いに失敗したということで、あきらめよう、

弟が、
「もーええやん、はろたら」

というので、最終的にふっきれて、
「もーはろたらええか!!」

っつって結局あきらめましたw

変なことしてあとから追徴くらうのもアホくさいし、
とりあえずいくらになるかわからんけどはろといたらええか。

ということで決着つきました。
誰とのかしらんけど。

うちは2社あって、
それぞれのキャッシュフローを考えながらやってかないと、

なんかどっちかでお金たんねえみたいなことになっちゃうこともあるんですよね。

最近はそんなにないですが、
やっぱでかい金動かすことが多くなると、
例えば
「今入金止まったらちとマズイぜよ西郷どん。。。」

となりかねません。

ということで、大きい支払い(しなくても分割でもいいような)するときは
そのへんも考えてから(直近の支払いなど)やんないと痛い目見ることもありそうです。

まあまあの借り入れをしても会社やってると、
ましてや在庫もかかえるようなビジネスやってると、金って全然たんなくなるもんすねw

ちょっと決算終わったら来期の決算までを踏まえて組みなおそうぜ。

いくら稼いだとか、
いくら粗利でたとか、
いくら節税できたとか、
いくらお金残ったとか、

もはやそういう過去の話ではなく、
来期いくら見込めるのか、

このへんに焦点をあてたお金の回し方、使い方をしていきたいなと思います。

全然わからんけど。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です