Home > 運営管理・出荷 > Integration苦戦その後。。。

Integration苦戦その後。。。

エアコンを思っクソドライでかけっぱで寝た夜からというもの、
喉がいたいです。。。

そして時差ボケ治ったかと思いきや、
全然治ってません!

昨日3時に寝て6時に起きる始末です。

最悪です。

おかげさまで電車乗り過ごしたりしました。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

ランニングコストってのは極力押さえたいもんじゃないですか、

だから僕もこれまでは専らzendesk7アカウントあるとかいいながら全部$1アカウントだったんですけど、
昨日初めてRegularプランにあるアカウントをグレードアップしました。

年額で$1000ぐらい。

これ払うの気合いるよねw

まあでもしなきゃどーしようもないので
することにしました。

原因はサードパーティの他社システムとのIntegrationを強化するためです。

現在僕がチャレンジしているのは、
・zendesk
・Salesforce
・MailChimp

の3つでSyncしまくる、名づけて

「夏の大三角形」

という大作戦を実行しています。

ひとりで。

名前的に規模でかそうですが一人でやってます。
悲しいかな。

まあこのあたりはマニアックなので仕方ないですね。。。

で、
やっぱりzendeskがStarterプランだとできることものすごい限られるんですよね。

でもRegularプランにすると、
Salesforce内のAccountとzendeskのOrganizationを双方にUpdate, Createできたり、
MailChimpのCampaignをzendesk内で管理できたり、

それはもういろいろできるわけです!
夢のようなことが!

ただ、先日も似たような記事で書きましたが、
なんせめんどくさいし、Instructionが雑い、または無い。

なのでこつこつやってます。。。

結局これでなにかが便利になって、
効率あがって、
Salesforce上での営業効率や取りこぼし削減ができたり、
zendeskでSalesforce内の正確な情報を参照したマクロ組んで室の高いメール対応ができたり、
MailChimpのCampaignもSalesforceやzendeskの情報をリアルタイムに反映した属性に合わせてアプローチできたり。。。

結局ただ難しいなぞなぞを解きたいだけではなく、
しっかりその先でできそうなことをわかった上でこういうのって取り組まないと
マジでただの時間のムダになりそうなので気をつけたいところです。

誰かこれ組み上げてるひといねえかな。。。
割りとめんどいんですけど。

でもがんばります。

完成したらまた自慢しますね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

うちがAsanaでタスク管理するようになった一番の理由は繰り返しタスクにあった

世にはたくさんのタスク管理アプ …

amazon新送料設定で変わったこと

ということで約1ヶ月ぶりに松山 …

求人募集どやってする

先日より松山に帰ってきておりま …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です