ヘッドハンティング

風邪気味です。

最悪や、のどいたいお。
はよ治したい

なんかマイアミの疲れの残留感が半端ないです。

もう海外はエコノミーやめよう。。。

絶対にやめよう

でも仕事たまってるので今日も日曜だけど事務所なうだろう。

酸素カプセルデビューしてみようかな。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日とある仲の良いファンド会社の若手経営者と話してたんですが、

マンパワーのその次を目指すためには具体的にどういった戦略が必要なのか、
という点でいっしょに頭かかえてもらいましたw

ようは、
最初はじめはひとりで始めたこんな物販ビジネスも、
従業員かかえたり外注つかったりで、規模広げて売上も伸ばして〜ってやっていくわけなんですが、

結局考える人が1人であり続ける限り、
どうしても超えられない一線があることにどっかで気づきます。

どう考えても手が回らない。

ここでいう手が回らない部分というのは、
通常業務を省いた、ようは

ビジネスを拡大するための戦略・準備・手配・交渉・フロー構築・リサーチ

などの部分です。

うちも、
なんだかんだamazonやらで小売を始めたのが最初ですが
今となってはなんかいろいろな事業展開しちゃってて
正直進んでる感よりは保ってる感のほうが強いです。

ここで進んでる感をもっと出すためには、
やはりゴールから逆算して頭の中で工程をイメージしてそれを具現化するためのステップを組んでいける、そしてそれを的確に指示したりフローつくったりすることができる人間がもう少し必要です。

といってもこればっかりは縁もあるのでなかなか思うようにいきません。。。

売上あげる!とか、
利益率あげる!とか、

であれば多少頭ひねればなんとかなりますが、
こんな人と出会いたい!

と思ってもなかなか出会えないですもんねw

恋愛もそうですね、
恋したいなあ〜と思ってるときは絶対恋できないじゃないですか、
それといっしょねw

だから、
結局てっとり早くて良い人材を社内に入れるためには、
ヘッドハンティングが一番なのかなと思います。

まあ一番はビジョンを共感してもらえるってのが大前提ですけど、
僕は恋愛となると一途なので、

この人!って決めたら着信拒否されるまで追い続けるかもしれません。。。

気をつけてください、
もしかしたらあなたをヘッドハンティングしに伺うかも。。。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。