日々のチェック項目

昨日は三茶でフレッシュな輸出女子と飲みにいってきました。

21歳で同じ四国出身の女の子です。
珍しいでしょ!

しかし三茶は初めて飲みにいったけどなんかシャレてていいですね。
案外ヤンキーみたいなの多かったけどw

うちから歩いてはきついけどチャリならいけそうな距離。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

物販やってると日々気にして見てないといけないことっていっぱいあると思うんですけど、
割りとめんどうなのでおろそかになりがちな部分でもあるかと思います。

しかもある程度自動化とか外注化とかしちゃってると、
なおさらもう自分の目でみることなんてほぼなかったりします。

例えばFBAに商品をぶちこんで、
PRIMAとかで自動価格改定ぶんまわすじゃないですか、

そうするともうべつに特に気にして見なくても売れていくことがほとんどですよね。

でたまにのぞいて在庫が少なくなってきたら追加納品して~みたいな感じになってきてしまいます。

でもやっぱり自分の目で見るのとある程度オートメーションしたのでは大きな違いがあります。

それは
「気づきがないから成長がない」ことです。

一時期、いや今もかもしんないけど、
ツールで自動化とか、外注化でらくちん!やっほい!みたいなセミナーとかあったでしょ、
別に否定するわけじゃないけど、

ほんとにそういうとこ気づいてないと、
いつか橋の下で暮らすはめになりかねません。

ネット物販で自動化してそのまま放置で数十年稼ぎ続けることができるなんて不可能やからw

amazonという特殊なプラットフォームで売っている以上、
Competitorの存在は絶対無視できないし、
いつも気にしてないとすぐに売上はさがります。

ODRとかも同じですが、
常にアカウントヘルスの状況やCompetitorの動き、
またamazon自体の動き(UIの変化など)も常に意識してアンテナ貼っておく必要があるので、

正直うちは
まったくできてないですwww

僕が全く見てないので
もちろんこのままおいておいたら売上は確実に落ちていくんでしょうと思います。

ただこの必要性を従業員に理解させるのが難点ですけどね。
人間は誰でもだらけるので、変化の少ないルーチンはいずれ手を抜いてしまいますからね。。。

まあそんなこんなでちょっと考える部分があり、とりあえず昨日は急ぎで秘蔵書籍が届いたので、
今日は読書デーにしようと思います。

たぶん途中で飽きて出かけそうやけど。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。