Home > 販売スキーム > 月商と月収と経常と純利と。。。
Young boy, counting money and taking notes

月商と月収と経常と純利と。。。

1週間もあっという間に終わりましたね。

今週なにしよったんやろ。。。w
ちょっとやること多すぎて視力低下してきたので、

本日は日曜ですし、ちょっと頭の中と体の中を整理してみます。

泳ぎてえな。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日は一社の決算が確定しそうなので税理士と打ち合わせしてきました。

一応思ってたぐらいに落ち着きそうで良かったです。

なんか決算書とか見てて思ったんですが、そういや、
昔は僕も月商とかブログに書いてましたなーと思いまして。

最近でも月商とか聞かれますけど、
なんかそんな聞いてどうすんかなーと思うよね。

なんの役に立つんかなーっつって、
それはまだいいにしても、
聞き返したら「いや僕はまだまだなんで〜」つって隠す奴いるよねw流れで聞いただけなのに興味ないしどうでもいいけど話の骨をおるなって思うよね。

あとよく月収ってやつ?あれはなんなの?w
どうやって計算するのw

最近は法人化してから、
月毎の損益計算書とか試算表を見てると、
やっぱ粗利が気になりますねw

ほんとは事業ごとで見たいけど、
だいたい今の物販の粗利率が把握できてれば、今後力を入れてもいいところ、惰性でいくところの判断がしやすいかと思います。

粗利ってのはそもそもの事業の利益なのでこれが低すぎるようであれば
規模でっかくしてどこかしらボリュームメリットでもない限り広げるのにはリスクが伴いますね。

まだまだ許容範囲でした。物販やろう!w

あと利益っつっても粗利以外に経常利益やら税引前当期純利益、そして純利益といろいろあります。

月商がいくらだ、月収がいくらだって知りませんが、
結局はこの純利益ってのがこの期で稼いだ額です。

これが残らないとそもそも始まりませんのでもちろんこれを大きくすることは重要ですが、
ただ単に売上を上げまくる!という以外にもちょっと頭を使うだけで純利益が残りやすくなる方法ってのはいろいろあるんです。

わからないからっつって放置するのはある意味男らしくていいのかもしれませんが、
最近思うのは、税金でがっぽり持ってかれるなら従業員にも失礼だし最終的にお客さんにも失礼じゃないかと。

せっかく利益を落としてくれたんだから、そのお金使ってもっと良いサービスを提供しようとかいいものを提供しようとか、そういうのにお金を使うべきだと思います。

googleやamazon見てると思いませんか?w

規模は違えど似たようなことしていきたいですね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です