googleドライブとgoogleサイト

帰国しました。

もう7月ですね。
昨日はスワンナプーム空港でロイヤルシルククラスを堪能してきました。

チェックインから機内まで、
実にすばらしいサービスを受けることが出来ました。

さすが母国空港だからなのか、
タイ国際航空だけ別格のような感じでした。

詳しくは編集後記にて
※メルマガのみ

最近多くのファイルをDropboxからGoogleドライブに移行しました。
理由は権限の付与が楽だからというのと、
google apps使ってるから追加で料金がいらないのと、
あとgoogleサイトとの連携などがすばらしいことです。

社内ポータルサイトをgoogleサイトで作ってるんですが、
例えばそこにスプレッドシート埋め込んだり、
図形描画埋め込んだり、
はたまたフォーム画面なんかも簡単に埋め込めます。

もちろん、ドライブ内の動画も簡単に埋め込めますし、
カレンダーや、そのたもろもろ簡単にサイト上に表示させることが可能です。

サイト自体も共有権限の設定が簡単なので、
社内でしか見れないようにしておけば、ある程度業務で使うような情報なんかも掲載できます。

で今悩んでいるのは、
このgoogleドライブ内のフォルダ整理と、googleサイトのページ増産フローについてです。

これは社内である程度ルールを作ってやんないと、
もう見るに耐えないものができあがってしまいますので注意が必要です。

できるなら業務のベースをgoogleサイト上で行いたいところです。
サイトからgoogleドライブ内のフォルダに飛ぶとか、
はたまたさっきみたいに直接埋め込んだりとか。

ドライブベースだとやっぱファイル消してしまったり、
移動させてしまったりなんか起きなくていいことが起きたりするので。。。

でもデメリットもあります。

まずgoogleサイトはテンプレートがいろいろ用意されているのですが、
どれもださいです。

見るに耐えないだささです。
そこは我慢しないといけません。。。

あとはドライブもだいたいDropboxと同じことはできるので、
月額料金をユーザー数で考えると完全にgoogle appsのほうがいいですからこっちにしようかなと。

Dropboxも使ってますけどねw
ExcelやAccessに特化した作業になるとあまりGoogleドライブに入れてもしかたない(Webで機能しない)ので、Dropboxで使ってます。

ただ競合ファイルができるのがめんどくさいので、
本社と配送センターでVPN組んでローカルアクセスしようかとも考えています。

建物1つだったら簡単だったんですけどね。。。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。