Home > 販売スキーム > トレードオフという考え方
Background text pattern concept wordcloud illustration of trade-off tradeoff glowing light

トレードオフという考え方

初日からお申込みいっぱいいただきありがとうございます!

値段的には去年の倍額なんですけど、
すでに100名以上のお申込みを頂いています。

今回は会場4ヶ所に分けてるので、
会場ごとの定員は少なめです。
大阪・東京は割りとリーチかかってますのでもうすぐ締め切るかもしれません。。。

お・は・や・め・に!

WRE Global セミナー 2015 SS
originar.co.jp/events/wre_global_seminar_201507-08/

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

トレードオフという考え方を最近すごく意識しています。

トレードオフと言う考え方ができないひととして、
ルフィやエレンといった人物があげられます。

例えばルフィなんかは、仲間も守りつつ出会った人々も守りつつ、
なおかつ敵もぶっ倒すという偉業を成し遂げようとして成し遂げてしまいます。

エレンも、
巨人を絶滅させてなおかつ、人類も一人も死んではいけないと思っています。

これらは現実敵にはかなり難しいことです。

人は思ってるほど、
なんでもかんでもできるわけではないのです、アニメじゃなければw

これは誰に一番当てはまるかというと、僕に当てはまります。

なんでもかんでもできると思って、やってしまう、
んで結局いろいろ中途半端に進んでしまい、
プライオリティの置き場に悩んでしまい、

最終的にコストかけてやったにもかかわらず撤退を余儀なくされたり、
自然につぶれてしまったり。。。

新しいものを得るかわりに、なにも捨てるということをしなかったわけです。

なにかを捨てなければならないといっても、
別にエルヴィンみたいに大事ななにかを捨て去る覚悟をもてというわけではありません。

たとえば、他のビジネスに使っている時間を1日あたり2時間捨てる(新しいビジネスにあてる)とか、
運用している資金の3割を新しいビジネスにあてるなど、

そういったことです。

こんなものすごいシンプルなことなんですが、
なんでもかんでも重要なことだと勘違いしてしまい、
手放せずにいたりします。

そんな中出会ったのが、この
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
www.amazon.co.jp/gp/product/B00QQKCV6E/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B00QQKCV6E&linkCode=as2&tag=lgryinc0a-22

という本でした。

内容は非常にシンプルでわかりやすい内容なんですが、
なんでこんなこと気付かなかったんだろうと読みながらちょっと自分で笑ってしまうような内容でした。

ぜひ読んでみてくだせえ。

とにかくなにかを得ようと思ったらなにかを手放す勇気がないと、
得るものも得られなくなりますよってことですね。

もし僕らのセミナーでなにかを得ようと思うなら、
なにかを手放す気でお越しください。

そうすれば必ずあなたのビジネスの推進力の源となるなにかを得ることができるはずです。

WRE Global セミナー 2015 SS
originar.co.jp/events/wre_global_seminar_201507-08/

札幌がたぶん人数少ないのでおすすめですw

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

1 コメント

  1. はじめまして、オッチーと申します。いつもブログ拝見させてもらっております。
    初コメントで申し訳ないのですが質問してもよろしいですか?

    ドイツからチャージバックの申請がきたのですが、アマゾンに連絡をして収まったと思ったのですが、
    3週間後にアマゾンドイツから勝手に返金をされてしまいました・・・。
    解決策はないでしょうか?
    内容はこんな感じです。
    6/13(土)チャージバック申請が来る
           ↓
    6/16(火)申請完了
           ↓
    7/7(火)アマゾンドイツから勝手に返金される(返金額274ユーロ、アカウント評価変化なし)
            ↓
    7/9(木)なぜそうなかったのかわからず色々調べたがわからず今に至る。

    正直頭が悩まされています、過去にこちらのブログにもチャージバックの記事が載っていたので
    相談したいと決めました。
    なにかアドバイスをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です