Valid Tracking Rateについて

昨日は松山で同じ輸出業をやってる、
珍しい人種にあたるYくんとサシ飲みしてきました。

よく飲みにいったりするんですが、
サシ飲みしたのは案外初めてでした。

あとから気づいたけど。

これからもはや東京に飛び立ちます。
いそいそ。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さあ、最近、
amazon.comで販売している人たちであれば
すでに周知の件かと思いますが、

最近、Customer Metricsにて新たな項目が追加されました。

Valid Tracking Rateです。
これは単純になんかというと、
ようはちゃんと追跡できるTrackingが入力されているかどうかのレートになります。

もちろん書留なしで送ってる場合、限りなく0%に近づいていきます。

Targetが95%なのでもはや無理ゲーです。

ただ、現状対象となっているカテゴリはOffice productとShoesです。
とりあえずは、
このカテゴリに関しては自社発送の場合、Trackingをつけて出荷してれば問題ないということになります。

ちなみに対応している(Amazonが追跡把握できるキャリア)キャリアは、
UPS
UPSMI
USPS
DHL
DHL Global Mail
FedEx
FedEx Smartpost
OnTrac
Newgistics
Canada Post
Lasership
EMS
EUB

になります。

まあ日本からでいうと、EMS、そしてアメリカ宛の小形包装物=USPSぐらいかな。

個人宅向けへクーリエ便使ってるひとは少ないだろうし。

すなわち日本郵便の書留使ってたら大丈夫ってことです。
ただここで考えないといけないのは、
今後どーいった動きが予想されるのかということ。

そもそもこのValid Tracking Rateというのは、
Customer Metrics内のレポートではすでに存在していました。
ただ直接アカウントに影響はなかったんですが、
いずれMetrics対象になるんじゃないかなというのは容易に予測できてましたね。

ただ今回は2カテゴリのみ。

でもよくみて、
Valid Tracking Rate – All Categories という項目もあるの。

現状はTargetはないのでアカウントに影響はないんだけど、
いずれAll Categoriesに波及する可能性は予測できますよね。

てかそのうち来るでしょう。

AmazonとしてはFBAを促進してる部分もあるでしょうし、
そもそもの絶対的顧客主義のポリシーのもと、追跡番号の付与というのは宿命だったのかなという点もあります。

そういった現状があった上で、
じゃあ今後どういった対策を打っていくのか、
はたまた今までやってた販売方法をどのようにして変化させていくのか、

このあたりがやはり経営者の考えが必要だと思います。

ただ悲観するだけじゃなくてね。

うちはもちろん対策に動いてますし、
臨機応変に対応していくつもりでやってます。

他で言えばAmazonメキシコも最近Openされました。
http://www.amazon.com.mx/

まあKindleのみのプラットフォームだったんですが、最近その他の商品も取り扱いができるようになってきました。

こういった新しい動きに振り回されるのはよくないですが、
いちアイデアとして、なにかピンと来るものがあればチャレンジしてもいいですし、
今の現状の業務に+アルファできる要素を見出していくのもいいかと思います。

とにかく広い視野を持って、
取捨選択していくことが今後求められるんじゃないかなー

とか思いながら飲むヨーグルトを飲んでます。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。