Home > 運営管理・出荷 > 翻弄させられてもなお
Portrait Of Handsome Uncertain Man Isolated On White Background

翻弄させられてもなお

セミナーおそらくもーまー締め切ります!
明日にわ!

なんと現在参加予定が175名で、
懇親会参加率が76%です。

なんてこったパンナコッタですよ。

東京と大阪は去年と同じぐらいの人数あつまってきました。

こんなに輸出やってるひとばっか集まること、めったにないですよ!
キャバクラ5, 6回我慢しておいでください(^^)

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日は超久しぶりに武藤さんとお会いしてきました。

たぶん一年以上ぶりです。
二人共覚えてないぐらいでしたw

ずいぶん僕も年をとったようです。。。

武藤さんはうちみたいにぼんぼこ人をいれてぶん回すスタイルとは真逆で、
Outsourcingしたり、パートナーを活用しながら、
すごいGDPの高い運営を行っています。

非常に見習いたいです。
うらやまでした。

僕がamazon始めたころは、
ほんとまともに情報発信してるのは武藤さんか柿沼さんぐらいでした。

なので当時はホント、武藤さんのメルマガを頼りに手探りでamazon販売を行っていたのを覚えています。

ちょうど3年前ぐらいです。

まさかあの頃はこうしてサシ飲みできるなんて思ってもいなかった、
雲の上のカリン様のような存在でした。

最近なにかと問題の多いamazon販売ですが、
今後のマーケット動向についてもいろいろお話してたんですが、

やはり武藤さんは人とは違った切り口で今後のリスクヘッジ等も考えてられました。
うーん、もはや何屋さんかわからんなあw

僕も虎視眈々とamazon比重を下げようと1年以上前から動いてますが、
未だにamazon依存してる部分は多いです。

ですが、
いつまでもamazonの動きに翻弄されるのもつかれますよね。。。

結局日本のメーカー商品を扱っている限り、
消えることのない恐怖に怯えながら販売を続けていかないといけないわけです。

なぜこんなやりにくい世の中になってしまったのでしょうか、ポイズン。

回避するべきリスクと、ヘッジ・テイクするべきリスクを間違えると、
強制退場も避けられなくなる可能性のあるマーケットで販売しています。

うまく生き残るためには。。。

そして大した心配もなく、南の島でハンモックに揺られながらでも
売上を継続して上げ続けるためには。

でも選択肢はいくらでもあるし、
本気でやってたら、やってる人のかずだけ選択肢はあると思うのです。

であれば、
とりあえず将来どーなるかわかんねえけど、本気でやってみるべきですね。

どっちにしろ、5年後、10年後世の中がどーなってるのかなんて
誰にもわからないわけですから。

悲観してる暇あったら、梱包しろ!!

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

税務調査の結果を待って2ヶ月、とうとう出たその結果は

10月頭に突如として弊社に現れ …

うちがAsanaでタスク管理するようになった一番の理由は繰り返しタスクにあった

世にはたくさんのタスク管理アプ …

amazon新送料設定で変わったこと

ということで約1ヶ月ぶりに松山 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です