Home > 販売スキーム > 発想の展開キャパシティ
Young successful businessman flies on colorful balloon

発想の展開キャパシティ

昨日は時差ボケの兼ね合いで、
謎に30時間も起きてました。

やってられませんね!

19時に力尽きて、4時に目が冷めました。
これで治ればいいですが。。。

まあ日曜なので適当にこなして調整しよう。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

昨日はシステムの件でいろいろ反響をいただきましたw

そうですね、
なんとかいいものを作りたいところです。

汎用性があれば、PRIMAのようにリリースもできるんですが、
オーダー管理に関しては、
完全にうちの独自のやりかたで、
またうちの環境に特化したやりかたにもなるので、
ちょっとむずかしいかなと思います。

ただもちろん、
汎用性という意味では、例えば新規でamazonのような新たなプラットフォームが現れた場合とか、セット商品への対応とか、
国内への出荷とか、
まあいろいろ拡張しやすいようには構成するつもりです。

つって僕が開発するわけでもないですが。

で、
まあシステムっていう本格的なもんじゃないにしても、
たとえばExcelのマクロやVBA使うだけで作業がもんすごいはかどることってありますよね。

でも結局マクロやVBAでどの程度のことができるのか、
ってのを把握しているかしていないかだけで、
大きく作業効率が変わってきたりします。

先日もうちの従業員が2時間ぐらいかけて作業してたんですが、
たまたま僕がその話を聞いて、5分ぐらいでできる方法を教えたら落胆していましたw

なので、
こればっかりは知識とか経験がないと発想の展開ができないので、
まあ時間かけて積み上げていくしか無いですね。

そうやって、大変な作業は機械に任せて、
機械でできない大変な作業をodesk(名前かわってupworkになってた)とかで依頼して、
頭をつかう必要があることを自社でやる、

という方向にどんどんシフトしていきたいですね。

まあ出荷とか実務をともなうものは仕方ないですが。

そういった発想の展開キャパを社員全員拡張していってもらいたいものです。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です