モデリング戦略

本日より松山に帰還します。

なんだかんだ1ヶ月ぶりぐらいです。
8月は猛烈に早かったなあ。

なにが起こったかわからんぐらい早かったな、そして夏も。

もはや秋っぽい感じ出てますもんね。

もっかいぐらい暑くなってくれてもええけど。

今日は珍しく夕方のフライトなので、
羽田の国内線第1ターミナルで暇してるひといたらラウンジで遊びましょう!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

うまいこといきたきゃ、その分野ですでにうまいこといってる会社の真似するのが一番手っ取り早いというのは周知の事実かと思いますが、

これを履き違えると「え、無理やん」ってなって道をそれてしまいがちです。

ただ、実際今うまくいってる会社ってのは、
これまでの培ってきた経験や、
そういった経験から知識を蓄えた人員、
そして豊富な資金力と市場の需要把握、
また問題解決能力など、

全てにおいて、まず真似できるような要素が見当たらないこともしばしばかと思います。

よしじゃあiPhoneみたいなのつくろうっつって、
いきなりappleと同じことできないのは誰でもわかりますね。

じゃあ結局なにをモデリングしたらいいんだろ。

それともモデリングできる手の届くぐらいのちょうどいいぐらい(オタク目線のアイドルでいうAKBみたいな?)のところを対象としたほうがいいんだろうか。

でも結局モデリングし過ぎたら、ターゲットバッティングしてシェア奪えないんじゃないかって心配も出てきたりする。

じゃあやっぱ独自でいろいろ開拓して試行錯誤して進めていくのがいいのか、
でもそれじゃあ経験が乏しいしなんせ時間がかかるので時代は流れる。

結局どうしたらいいのw

僕的な意見としてはモデリングは非常に有効的な戦略だと思います。
とりあえず今うまくいってる方法をフィーチャーして追いかけるのはまず「大ハズレはない」というのはわかるので。

しかも市場シェアの懸念も、思ってるほどないしそんないきなりバッティングするほど市場に影響力ないし、
さらに思ってるほど市場は大きいです。

僕らなんか特に海外やし。

重要なのはキーとなる部分を押さえていく、という点です。

さっきのiPhoneのたとえでいうと、
とりあえずシンプルなデバイスが求められているんじゃないか、
であればホームボタン1つというのは外せない、

ではボディは?強度の高いアルミボディは必須なのか?
いや、これは似た質感で表面加工してコストを下げて似たような仕上げにすればいいんじゃないだろうか。

みたいな感じで。
ようは妥協点を探すことが重要かと思います。

ビジネスうまいひとは、このへんが死ぬほどうまいです。

見習いたいなあ。

なんせちょっと今モデリング(もちろん勝手にw)させてもらおうとしてる企業があって、
半端ないシェアをとってるので、なんとか似たようなビジネスモデルを作りたいなと思っています。

といっても動けるのは本格的には来年やと思うけど。。。

あまり真似しすぎると絶対についてこない部分が出てくるので、
そういった妥協点をうまく作っていくのが近道かなと思った次第です。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。