Home > 販売スキーム > 200万吹き飛びました
man look his money fly away

200万吹き飛びました

いやー松山はのどかですね。

のんびりと時間が流れてるような錯覚に陥りますが、
割りと今回の滞在はバタバタしてます。

明日の朝には東京帰る予定なので、今日やり残しにないようにしときたいですね。
次はまたたぶん1か月後になりそうですし。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて、突然ですが200万吹き飛びました!

原因は無在庫でのリスティングの取り込み時のミスで、
weight, sizeデータが正常に取り込まれずに送料計算されてしまったがために、

実データを持ってないすべての商品が200g送料販売されてしまいました。

そう、4kgも5kgもあるような商品も全て出血大サービスの200g計算での販売です。
出血ももはや止血不可能です。

というように、あれよあれよと数日のうちに馬鹿売れしてしまい、
3日ぐらいで200万ほどが吹き飛びました。

なぜここまで発見が遅れたかというと、
ようは仕入れ部隊からすると、
そんなリスティングミスが起こる可能性すら知らないわけで、
仕入れ時の利益計算も送料をある程度想定して利益率は正常かどうかの判断はしてますが、

まさかそんなに重量違いで販売されてるものとは思ってなく、
ただただ重たい商品多いなあ、というだけの感想。

リスティング部隊もなんでかな〜とあまり重要視せず、
数日たって取り込んだデータと出力ファイルの照らし合わせから
ようやく原因がわかり対応したのですが、

時すでに遅すぎ、
200万を超える大赤字となりました。

仕入れ段階で止めていくらかキャンセルしておけばここまでの被害にはならなかったかと思いますが、
どちらの部隊も普段からの認識の甘さが露呈したかたいで現れた次第です。

しかし、それ以上の問題として
そんなことが起こりうるままの作業フローを放置した上で業務をさせていた僕が一番の問題です。

人的ミスの要因は可能な限り潰してきたつもりなんですが、
まさかこういったカタチでの損害は想定できていませんでした。

200万損害っつっても捉えかただと思うんですよね、

月で割ったら17万ぐらいなんですよ、
まあ全然使えん奴1人1年間雇ってた、と思えば。。。

いやいらんなw

まそうやって軽く考えるのも大事ですが、
結局この200万をちゃんと受け止めて

どうあとにつなげていくのかってのが重要という部分を理解した上で行動できるかどうか、
にかかってますね。

まあ、たまにはそんなこともあるぜってことですね。
200万ぐらいまあ勉強代と思ってホリデーしこたま働きましょう!

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です