コンテナに何個積めるかな

昨日の記事はなにやら、いろんな方から連絡いただきました。

ご心配いただきありがとうございます、
ってかそんな大騒ぎすることじゃないだろw

そんな大ごとだったらメルマガなんかに書いてる場合じゃ普通ないっすからね。
別に大したことじゃないし、
原因もわかって対策もわかってそして対策も終わってからの話なわけで、

インド向けの荷物インドネシアに送ってもうたっていうレベルの失敗談といっしょですよ。

あ、あと今回の事件はPRIMAとは一切関係ないのであしからず。

ということでこれから東京戻ります。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

今月はようやくコンテナ便が初めて出そうです。

B2Bに本腰いれて約半年が近づいてますが、
ようやくって感じですねw

年内でなんとかMonthlyで$100,000は超えたいなあ。

んでコンテナってまあ貿易関連の仕事されてたかたなんかはもちろん僕より知ってると思いますが、
基本的に20フィートと40フィートがあるですよね。

内容量的にはざっくりで、
20が30~33㎥、40が60~65㎥ぐらい

でこのコンテナ内寸に対して、
実際送るものの1BOXあたりの3辺を照らしあわせて、

じゃあ縦に何個、横に何個、
そしてそれを前から後ろまで何個、みたいな感じで計算できます。

そしたら20フィートって思ったよりでかいことにきづきました。

40フィートとかでかすぎやろw

今商談入ってるのが数件あるのですが、
どれもとりあず20フィートです。

40フィート出せる自信がとりあえずまだないですが、
徐々にクリアしていきたいですね。

あと気づいたのは、
LCLとFCLのボーダーラインです。

LCLてのがパレットで、
FCLがコンテナまるまるなんですけど、

実際コンテナ埋まらなくても、コンテナまるまるチャーターしたほうがLCLより安い、
っていうケースも結構あるんですよね。

そのあたりは都度商品の容積によって変わるので一概には言えませんが、
日々いろいろ勉強になることが多いですね。楽しい。

なんかFBAもこの調子やとコンテナでいけるんちゃうかなとか考えたんですが、
やっぱアメリカだと時間かかるし、
またグラウンドがとんでもない金額取られるのでそのへん折り合いつけばですね。

まあ日本からコンテナでFBA入れてるひとがいるので、
できないことはないのですが、勇気いりますねw

てな感じーでいろいろ手探りでやってますが、
これら全てこないだのLAでのConventionの賜物ですのでうまいことつなげていきたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。
26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。
現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。
”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。
趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。
このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。