Home > 販売スキーム > 自動より、手動の機動力
Hand of male holding old tools renovation on white background.

自動より、手動の機動力

わけあってうちの会社でわWiMAXを10台近く契約してるんですが、

ひとつ、僕の持ち運び用WiMAXがありまして
それの調子がどうも悪いので後輩で中四国トップのWiMAX担当にクレームしてやったんですが、

どうやら3日で33GBも使ってたらしく、

「マジ3日で2億8000万パケットってなに使ったんすか!」

って怒られました。

そう、WiMAX2+には最近3日間で3GBという制限が設けられました。

いやそんなん使うわけないやろと思って油断してました。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

自動化すなわちシステム化というのは、
いっときブームのように皆さん口をそろえて言ってましたが、

あ僕も言ってましたよ。

あくまで自動化ってのは現在のフローが存在した上で成り立つ、
もしくは効率が上がるというのを推奨したもので、

単純になんでも自動化してしまえば楽ちんだ!

といってるわけではありません。

例えばFBAのリサーチを自動化すると考えましょう。

amazon.comで目ぼしいFBAセラーのASINぶっこ抜き

システムでFBA料金並びに最安値での販売Feeを自動計算

API(PRIMAなど)で取得したweight, sizeデータを元に容積重量の算出

システムでランキング変動や既存セラーの在庫追跡

仮に100個納品した場合のクーリエ送料&平均FBA補完手数料/月算出

合わせて仕入れ値と照らし合わせた利益算出

Go出たものを平均販売ペースや納品頻度を元に発注数量を算出

各問屋へ自動発注メール送信

みたいなことを自動でやったら最強やん!

とか思うじゃないですか。
こんなの思いつくのは誰でもできるんですよ。

やったことないから今適当に考えただけです。

これらをシステム化できるとして、
じゃあその開発の時間を考えると必ずしも今すぐする必要があるのか、
また、そこまでしてする必要がそもそもあるのか、

というのを考えないといけませんね。

ぶっちゃけこんぐらいなら、Excelで数式組んで手動でやったほうがたぶんパフォーマンスいいです。

そんな毎月10000SKUもFBA納品するわけないじゃないですか、
そんなにFBAにSKUぶっこんでるセラーがどんだけいるでしょうか。

システム化とかいうとなんかかっこいい、
自動化なんていまどきっぽくて憧れる、

なんてのはミーハーな考えですねw

かっこよくビジネスしたいのか、
単純に稼ぎたいのか、

見てるとどっちなの?って人も多いですけど
何事も本質を見誤らないことですね。。。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

国内ECのEC化率と米国鈍化原因から見えてくるもの

ちょっと前の記事なんですが、 …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 後編

問屋無在庫販売スキームが成立す …

問屋無在庫販売スキームが成立するのかのポイントは一つだけ 前編

amazon無在庫販売というス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です