Home > ライフログ > タイミングフィーリングハプニング
Love couple on the street with vintage scooter

タイミングフィーリングハプニング

昨日の夜の便で東京に戻ったのですが、

羽田から京急線で品川行ってる間に悪友おっくんから連絡があり、
飲みに行くことになりました。

ベビメタの話ばっかしてましたがw

昨日はベビメタのライブで東京に来てたみたいです。

最愛さまと目があったとかほざいてましたが、

まあ行ってるひとみんなそう思ってるようなキモしますけどねw
うらやましい限りです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

よく恋愛では
タイミング
フィーリング
ハプニング

が重要視されますね。

タイミングというのは、
そのミクロな視点でいうこともあれば、時期的なマクロ視点のものもあります。

たまたま気が向いて寄ったコンビニで、とか、
彼氏と別れたタイミング!とかね。

フィーリングというのは、
もちろんお互いの相性であったりとか、いっしょにいて居心地がいいなど、数値化できない重要なポイントです。

共通の趣味とか、
価値観が近いなどもその内に入るかと思います。

そして最後ハプニング、
これはタイミングとのコラボでもありますが、どんなタイミングでハプニングが起こるか、というのがきっかけとして重要なポイントなんじゃないかと思います。

写真撮ってもらえますか?的なものとか、
たまたまセミナーで席が隣だったとか。

ここでいうハプニングは日本人感覚でいう驚きハプニング!というよりは、
Happening=出来事
という広義的な意味かなと。

でふと考えてみたんですが、
ビジネス的にもこれらはあてはまってるのかなと思います。

ビジネスを始めるきっかけにしてもそうだし、
長く続けていきたいのであれば、フィーリングも大事だと思います。
まあフィーリングってかやってて楽しくないと続けれないですからね。

もちろんこれらにファンダメンタル的な部分も要素として加わりますけどね。
あ、それは恋愛も同じか。

ただビジネスのほうがどちらかというと、
替えがききにくいのかなと思います。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

ネット物販会社としての目的(ミッション)って何やねんって考えてみた

インターネットを通じて小売(E …

仕事ができるなあと感じるコンビニ店員

仕事ができるできないの判断って …

Redmine導入した理由

ホリデーシーズンに差し掛かって …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です