amazon国はこのタイミングで

レーシック受けてきました!

レーシックレポートはまた別で書きます。

実際レーシックしようと思って悩んでいる人も案外周りで多いので、実際やってみた感想をありのまままた公開しようと思います。

しかし昨日はまぶじかったり目がしみたりであまりろくにPC画面を凝視できなかったので、
仕事はできませんでしたw

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて、とうとうやってまいりましたね。
ココココココ、コケコッコ。

Valid Tracking Rateについて
http://eiking.asia/valid-tracking-rate%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

2015/7/12の記事です。

この記事でも想定してましたが、
とうとうValid Tracking Rate対象が全カテゴリに切り替わりました。

このホリデー直前で!
タイミングとしては憎たらしいことこの上ないですね!

敵(なのか?)ながらあっぱれです!

今回のSeller Performance指標の改定についてはざっくり下記のような感じです。

・Valid Tracking Rate一気に全カテ対象へ
・Return Dissatisfaction Rateとかいう指標追加
・Customer Service Dissatisfaction Rateという理不尽この上ない項目追加

ちょっと多いので今回は一番めんどくせえValid Tracking Rateについて。

先日の記事でも想定したとおり、
全カテ対象となった今、私たち書留なしばんばん送ってます部隊はどうすればいいのでしょうか?w

前回の7月のときに、
とりあえず先立ってOffice ProductとShoesカテゴリが対象となったのですが、
そのときはどうしましたでしょうか?

こうなることは容易に想定できてたと思いますが、
準備はできていますか?

むしろ逆に待ってました!ぐらいの勢いですよね?w

amazon国という隣国が戦を仕掛けてくるのは前回の行動から想定できていたわけです、
その先の動向を見据えたうえで行動し対処していくというのはもはや当たり前ですよね。

え、じゃあお前んとこはどういった対処をするのかって?

う、うちは・・・

何もしない!!!

しかし、何もしないというのは語弊があるかもしれませんが、
今回の背景を知り尽くしたうえで、なおかつそれなりの準備をしたうえで、今さら「何もしない」という意味です。

amazonはChineseライクなセラーをどんな手を使っても駆逐したいようですねぇw

とんだとばっちりです。

まあでもこれで見えてきたんじゃないですかね、2016年の目指すべき動き方というのは。
逆に今年変わってくれてラッキーですね、
これが年明けとかにされたらちょっと2016年テンションさがりますね。

じゃあはりきってホリデー迎えましょう!
パフォーマンス傷だらけになりながら!!!

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。