温州みかん始めました。

昨日は実はADULT EXPOに行ってきました。
Japan Adult Expo 2015
http://www.jae.tokyo/jae2015/

仕事のつもりでいきましたが、
内心ほとんど遊びでした。

SODのマジックミラー号があって、そのなかで記念撮影みたいなのやってたのですが鬼のように並んでたのであきらめました。。。

展示会自体は、会場がかなりせまかったのもあるんですが、
業界特有の売り込みの仕方は勉強になりましたw

あと憧れの加藤鷹パイセンもいました!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて、全国のみなさまお待たせしました!
待ってたのかどうかは置いておくとして、

本日よりうちの祖母が作った愛媛県産温州みかんの販売を開始します!

【12/3以降順次出荷開始】愛媛中島産 セキ子のみかん 10kg [産地直送/季節限定/温州みかん] http://www.danboring.com/items/2313069
クレカ/銀行振込/コンビニ決済OK

通常、農協などに卸す場合は、大きさや等級などさまざまな仕訳も必要なんですが、
今回は上物もふんだんに混ざった混合みかんになります。

ぜひ瀬戸内海の離島で育った、糖度たっぷりの甘い温州みかんを、こたつのお供にお楽しみください。

これはたちまち、僕らの挑戦でもありました。

ばあちゃんから相談があったのはそう、約1年半ほど前です。

「農協の集会やらももう肩がいとーてどげんかせんと」

「いうたち皆農協いれちょーきーのよー抜けらせんのんだ」

とのことでした。

google翻訳入れてみましたがいまいちだったので通訳すると、
「農協に入ってると、集まりごとや作業の分担なども定期的にあり、もういい歳になったばあちゃんとしては、そういったものもしんどい。
しかも今年に入って山で作業中に肋骨折ったり腕折ったりでカラダもボロボロになり大変である。
でも島民たちとしては、確定申告やそういったものも全て農協に任せきりなので、なかなか抜けだせない。

そんな中、みかんの買値は年々下がり、
今後はTPPの影響も農業は大いに影響してくるであろう。

ということでだ、そうそう、お前ネットで販売してるだってな、
うちのみかんを売ってくれや!」

という流れでした。たぶん。

そうこの縮図はどこか欧米の大企業、僕らも親しみのあるamazonに似ているなと感じました。

いわば農協の独擅場なわけです。
僕はamazonの経験から、痛いほど気持ちがわかりました。

「わかったばあちゃん、俺が売ったるわ!」

ということで始まった今回の「セキ子のみかん」プロジェクト。

うちはじいちゃんも僕が中学のときに亡くなってるので、
長い間、ばあちゃん一人でみかんを毎年育ててきました。

うちのばあちゃんだけではありません、
平均年齢60歳を超えた僕らの怒和島では、
もはやそんな元気バリバリ働ける若者はほとんど残っていません。

じゃあもう今更そんながんばったって将来継ぐものがいないのであればあまり意味ないんじゃないのか。
そう思われるかもしれません。

ですが、
うちのばあちゃんはもう80歳にもなりますが、
これまで何十年も世話になった農協というものを捨てました。

もちろん引き換えになにかを得るために。

僕にはまだそのなにかというものはわからない。
けど、

そうやって変化を恐れず環境を変えていくばあちゃんを見て、
僕はいつしか販売準備にとりかかっていた。

そんな思い入れのあるみかんなわけです。

まず最初にメルマガを毎日読んでいただいてる、あなたにお知らせしたくてこうして記事を書いています。

セキ子(うちのばあちゃん)のみかんをぜひ食べて、ホリデー乗り越えましょう!
※出荷は12/3から順次発送

【12/3以降順次出荷開始】愛媛中島産 セキ子のみかん 10kg [産地直送/季節限定/温州みかん] http://www.danboring.com/items/2313069
クレカ/銀行振込/コンビニ決済OK

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。