Home > 販売スキーム > クーリエ便でのExpedited配送

クーリエ便でのExpedited配送

昨日はディズニーシーに行って来ました。

しかし、短くて120分待ちということもありこりゃやってらんねーぜということで満場一致で何も乗らずに飯だけ食って帰ってきましたw

しかもリベンジ決め込んでいたセンターオブジアースに関しては恐怖の180分待ちw
ファストパスは午前中取っても乗れるのが20-21時とかいう謎のスケジュール。

ますますディズニーランドなんて行く意味がわからなくなりました。

なので気晴らしにそのままお台場行って大江戸温泉にいってきました。

100倍良かったです。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

ここ最近UPSの営業のかたとよく会うのですが、
知らなかった、けど使えそうなサービスをいろいろ紹介してもらっています。

その中の軽い一部なんですが、
実はMy UPSの中からamazonないしはeBayとオーダー情報とAPIで連携して、
オーダー情報から出荷情報を自動で取り込んで、

重量さえ入力してしまえば送り状が発行できてしまうというものです。

My UPS > 出荷 > マーケットプレースの商品を出荷

というところから、一度プラットフォーム側とAPI連携すれば、
あとは自動でオーダー情報取り込んでくれます。

クーリエで個人宅配送というのは、実際どうなのという部分はありますが、
レジデンスエリアである住宅街の場合は追加別途手数料がかかりますが、

実は思っている以上は現実的に可能なのかなと思っています。

そうするとUPSであれば、
おそらくLeadtime 5のExpeditedのOn time deliveryはほぼ解決できると思うんですよね。

UPSの出荷MethodとしてはExpress saverが理想ですが、おそらくExpeditedでもたぶん問題ないと思います。

ただ一つの問題点として、
重量よりも容積重量が取られてしまう場合、
かなり送料計算が難しくなり、無在庫だと厳しいかなと思います。

うちは自社で使ってるダンボール10種類で出荷の98%はカバーしてるので、
どの商品をどのダンボールで送ってるっていうデータがあれば、

全ダンボールの容積重量は計算されているので、
それを参照すれば商品ごとでのExpeditedの場合のUPS送料ははじきだせますね。

そうなると商品個々にShipping overridesで調整していくことも可能です。

で、す、が、
あいにくうちではPackage weight(梱包後重量)は商品ごとで収集していますが、
使用ダンボールまではデータとってません!泣

ということで無在庫に関してはちょっとすぐには難しいですね。。。
まさかこうなると思ってなかったもんなーしかたないよなー

ということでデータをどんどん取って行きたいと思います。

やっぱDB情報は集めれるぶんは集めていたほうが選択肢も広がりますねえ、ンフフフ、ねえ騰?

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です