Mergeでけないなんて。

FacebookのメッセンジャーアプリのWeb版があることをしって、ちょっと便利です。

まあちょっと、すね。

WeChatとWhatsAppがあるのは知ってたんですけど、
FBメッセンジャーもあるとはね。

メッセージアプリがありすぎて、とりあえず統合してほしいレベルですが、
まあでも新たに繋がるため、と思えばきっかけとしてはいろいろなアプリを使えばいいんじゃないかなと思います。

最近ではセキュリティ強いTelegramとか、Wickrとかで連絡してほしいって話も来るし、
ちょいスマホさんパンクすっぞ!!!!

ちなみに僕が一番好きなのは。。。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

まあだいぶ前ですが、
North Americaのアカウント(US, CA, MX)が切替でEUのように1アカウントで管理できるようになりましたね。

ただし、
古くからのセラーはもちろんカナダを別アドレスで作成してると思います。
今はしんないけど、昔はEメールアドレスがかぶってると、「アカウントが既に存在しています」とか言われて作れなかったんですよね。。。

いや、存在してるのは自分だし知ってるし、
だから紐付けろよ!

とか思いながらしぶしぶ別のアドレス作ってアカウント作成しました。

で、実際のところEUのように一個にMergeしたいじゃないですか!

ということで、ダメ元でお願いしてみたんですよ、
そしたらやっぱり無理でした。

現在のUSアカウントと、別ですでに存在しているCAアカウントをがっちゃんこすることは不可能とのことです。

そのかわり、UpgradeしてNorth America Unified Accountにすれば新たにCAとMXアカウントをリンクして作成できるよ!しかもSubscription feeも追加ないよ!

って言われたけど、
なんだかんだカナダもそこそこFeedbackあるので
今更捨てれんよなあ。。。

そのへん全然汲んでくれないんだな、彼らは。。。

まあ僕としてはMWS APIリクエストをぶんなげまくりたいので、
現在のUS&CAアカウント2つを使って、USのリクエストなげまくれば制限の2倍の速度でぶん回せるわけじゃないですか、
そう考えるとまあ別であってもいいのかなと思いますね。

そうだ、MWSアカウントのために!って思えば2重徴収も目をつぶれますね!

待てよ、
そう考えるとうちはUSもCAも合わせるとかなりの数のアカウントがあるので、
CAのぶんを全部USで回すAPIに使えば。。。

結構超速で使えるということですね。

なんとメルマガ書きながら新たな案が浮上してきましたw

アウトプットの大事さを感じますわねえ、ンフフフフフ、ねえ騰?

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。