Home > ライフログ > 大戦の幕開け
Agressive businessman fighter with a tie on his head in the office

大戦の幕開け

度重なる打ち合わせ並びに面談、商談を経て
本日東京へ帰還します。

忙しくするもやはり時の流れはゆるやかな四国ではなく、
時代の濁流にもまれる東京のほうが僕は性に合ってるのかもしれませんね。

ということで帰ったら真っ先に我慢なんないのであそこ行ってきます。

うふふ♡

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて年も明け、
新たな体制もある程度イメージできてきたところで、我々EIKIN軍(えいきんぐん)の大戦の始まりです。

狙うは敵大将の首?

それとも中華統一?

いえいえ、
我々が求めるのはずばり「シームレスな世界」です。

結局ボクはなにがしたいのだろうかって、
正月マーヒーな時間を使っていろいろ考えてみたんですが、

物販で年商10億あげたいとか、
そういった数値的目標はある程度イメージしていましたが、

じゃあその先に、
その10億の先に一体なにを見るのか、

10億到達するということはどういう意味があることなのか、

そして社会にどういったいい影響を与えることができるのか、

そのあたりについて随分考えてみました。

僕はやはり最終的にたどり着いた答えは、
業界にポジティブな影響を与えることができる規模のビジネスを実践することで、
この大きな世の中の流れを変える一つの原因となりたい。

というものでした。

自社が直販するようなビジネスモデル、
そしてそうした企業の越境ECなどの販売促進サポートなどを行っていくことで、

ひょっとしたら業界になにかしら小さなインパクトを与えることが可能なのではないか、

いろんなひとと関わっていく中でそういった希望が生まれ始めていました。

突き詰めていくとこれは、
自我、つまり歴史に名を刻みたい、武功を上げたいといった思い、
生きた証を後世に残したいといった願望なのかもしれません。

でもしかし、やるからにはでっかいことをしたいと昔から思ってきた部分はありますし、
小波をたてて、はい解散といったつまらないことするぐらいだったらやらなくていいんじゃないかと思います。

ということで、今年はひとつでかい戦をしかけます。

これは業界に対して大きな影響を与えることになると思います。
あ、もしできたらね。

もしかしたらこれは1万の軍で函谷関を突破しようとしているかのような無謀なものなのかもしれません。

しかし、
我が軍の増強、
そして戦略、
他軍による援軍(山の民とか)など、

取り入れられるものを全て取り入れていざ立ち向かいたいと思います。

こればっかりはひとりではできないからね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

遅くなりましたがドッコイあけましておめでとうございやす。

さあやってまいりました2017 …

iMac 27インチ5K (Late 2015)のメモリを24GBに増設したら泣きそうなぐらい快適になった

iMac 27インチを衝動買い …

スマホ(Android)で受信したSMSをGmailなどにメールで転送する方法

最近はいろいろなWebサービス …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です