Home > 運営管理・出荷 > 目的を見失うな
Your Purpose Green Road Sign Over Dramatic Clouds and Sky.

目的を見失うな

昨日は、事務所でまっすんに髪を刈ってもらって飲みいってきました。

それからうちで、まっすんがスプラトゥーンに熱中してる横でメルマガ書いてます。
マジひとりごとうるせえわ。

ということで本日から名古屋にちょろっと行って来ます。

まあ明日帰るけどね!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

たまたまフラーっと、家でテレビ見てる時に、
激安大型食品量販店のドキュメンタリーみたいなのやってたんですが、

そこで役員のオサーンたちがいろいろ話してたのを聞いてました。

中でも一番気になったのが、
「1円でも安く消費者にお届けするにはどうしたらいいのかを考え、
それで消費者の暮らしが少しでも豊かになればいいなと思い・・・」

といったセリフでした。

でもこういうのを社長じゃなくて役員とはいえ従業員が言ってるというのは、
こうテレビで見るとアタリマエのことなんだけど、
実際はけっこうすげーことなんじゃねえかなって思います。

だって、社長の意志が社内に伝わり、
結果それが従業員の言葉として表にあらわれてるわけですから。

やっぱりそういったカンパニーフィロソフィ的なものは最終的な方向性を示すという点で非常に重要なものなんだなあと再確認します。

一人でやっててもふらふらするのに、
組織として目的も定かになくやってたらそりゃふらふらしますからね。

やっぱ学生の頃楽しかったのって、
体育祭の出し物とか、文化祭とか、
クラス一丸になってなにか一つの目標に取り組んでいるときじゃなかったでしたっけ。

それを今度会社としてやる、って考えると楽しくて当たり前のはずなんですよね。

だってなんだかんだ体育祭とかくっそ楽しかったですし。

だからそういった、いわば体育祭のような仕事ができたらパフォーマンス高いんじゃないかなーと思います。

そのためには、出し物的ななにか目的はクラス全員でしっかり認識していきたいですね。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

zendeskのナレッジベース良いけど使えない問題点がある

言わずともしれたzendesk …

固定経費の見直しを行うために抑えておきたいポイントとは

実はいろいろな事業をやってると …

税務調査の結果を待って2ヶ月、とうとう出たその結果は

10月頭に突如として弊社に現れ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です