権力や既得利権

昨日は久々にわけあってスーツで出勤してみました。

スーツは寒いですね。
でも女子受けはいいので我慢して今後もたまには着てみたいと思います。

でもやっぱ着回すならもう一着ぐらいほしいですね。

あと全然ネクタイも持ってないので、毎回同じネクタイになってまいますね。

ちょっと動きにくいけど、
何かを得る(女子ウケ)ためには大事ななにか(機動力)を捨てる必要があるということかいな。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

インターネットを使ったビジネスとはいえ、
やっぱり人とのつながりって大事だよねってのはご存知かと思いますが、

結局そうなってくるとどっかで超えられない壁がよく出現しますw

あかん!こっちサイドおっても絶対あかん、
あっちサイドになんとか潜り込みたい!

みたいなときですね。

よほどのネットワークがあれば、どんな壁でも人脈を駆使してこじ開けることができるのかもしれませんが、
結局つながったとはいえ、条件が悪いのであれば意味ありません。

しかし条件のいい人とのつながりを得るためには、
根底としてWin-Winの関係である必要があります。

もっと深くいうと、よっぽどの場合Win-Win-Winにしていく必要があります。

まあそりゃそうですよね。

でも例えば、今取引してる問屋が65掛けだとして、
これを58掛けで取りたい!

という話の場合、
もしメーカー直であれば58でいけるのがわかっても、
保証金1000万ですよとか、
全て前金ですよとか。

あげくのはてには抱き合わせでクソみたいな商品も買ってねとかw

そういう条件なのであれば、
もはや65掛けで自由に買ってときのほうが良かったのではないか。。。

と思うこともあるかもしれません。。。

それを打破するためにはもちろん、
メーカーにとってもそうですし、メーカーへつないでくれた人(いるなら)へも何かしら
欲しいと言ってないようなメリットを与えることが必要かなと思います。

58掛けで引けるのに、間で2%引かれるならあまりおもしろみはないですよね。

そういうときは全く別のメリットと交換することをがお互い一番よかったりします。

合コン誘うとかw

そういったいわゆる権力を持ってる人間とか、
既得利権にガチガチにされた分野であったりとかではこういったものが必要
やはりSRMというのは今後も力入れていきたいですね。

そのためには合コンもさることながら、さまざまなバリエーションのリソースを開拓していきたいと思います。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。