Home > 販売スキーム > やっぱ時代は流れた。
Businessman welcome year 2016. Business new year card concept.

やっぱ時代は流れた。

昨日起きたら雪積もってましたね!

といっても僕が起きた頃にはすでに溶け始めてましたが。

でいつもどおり電車に乗ろうと思ったら、
外まで長蛇の列が!w

僕は田園都市線なので地下鉄なんですけど、
外の入り口まで人が溢れて並んでるのは始めてみましたw

どうやら入場制限がかけられているみたいです。

こんな極寒の中並んでたら死ぬわ!

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

インターネットの業界はどういうわけか、
時代の流れの速さは半端ないと思います。

平気で半年前まで通用してたことが通用しなくなるし、
フロー組めたぜ!って思ったらもう使えなかったり。

だからなにをするにしてもスピードが大事になってきます。

そのためにはやっぱり駿足でフローを組んだり実践に組み込めるスキルってのは大事だなあと痛感します。

僕が無在庫販売をamazonで始めたのはもはや3年半前ぐらいなんですけど、
その当時は国内の価格、そして海外の価格を、
oDesk(今のupwork)のSOHOに依頼してスプレッドシートに目視で入力してもらい、

その価格をもとに価格設定をして更新したりしてました。

なんと原始的なw
まだそんなシステムで組めるとかそんなこと知らなかったし、
そもそもこんなことやってる人がいなかったですからね。

でも3年半たった今、
同じやり方でやってる人は皆無だし、
これから始めようって人ですらそんな原始的なことやる人いないと思います。

これはほんの一例ですが、
いたるところでこういった進化は起こっています。

誰にも時代の流れは止めることができない以上、
どんな流れがきてもうまいこと舵を取れること自体が最高の安定といえるのでしょうね。

昨日の記事でもいいましたが、
やはり誰よりも安定を求める僕である以上、
どんな波が押し寄せようとも飲み込まれないようなビジネスを持ち続けたいなと思います。

規模が大きい会社を見てもすごいなあと思いますが、
そういったバランスのいい会社を見ると、なりたいなあと思います。

時代がどう流れるか、を知ることができればさぞいいのですが、
それはほぼ不可能に近いので、時代の流れ始めぐらいを敏感に感じれる環境に身をおくことは重要ですね。

まあじゃあ東京だよねっていう。

イケダハヤト氏に言わせると、まだ東京で消耗してるの?
と言われそうですが、

人生は消耗してなんぼだと思うし、余力残して死んでどーすんねんと思ってるので、
僕はこのまま東京にいると思います。

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

【自動販売機】って実はそこまで自動じゃないから、やっぱ本当の【ガチ自動販売機】がほしい

海外って自動販売機ってほとんど …

返送品及びキャンセル品の不良在庫に追われて三千里

特に海外販売なんかしてると、 …

欧州VATについて現状一番くわしい情報について

欧州amazonで販売していく …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です