川下くんセミナー参加

PRIMAのメジャーアップデートが間近に迫っています。

今月中旬にはアップデートできる予定です。

今回のアプデでとうとうPRIMAもVer 5.0となります。進化したなー!
Ver 5.0にふさわしい内容を用意していますので、お楽しみにん。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて、昨日は川下くんのセミナーに参加してきました。

メーカー商品単品通販セミナーというものです。
そう、LINE@では紹介しましたね。
https://fmclub.mambo.sg/ja/Mbw+BXzXCzILz2yglkFzDoMQ

平日の高額セミナーにも関わらず会場から溢れんばかり、いやむしろちょっと溢れてたぐらいの人が集まってました。

今回のセミナーはどちらかというと国内販売に特化したモデルに沿ったかたちでしたが、
十分海外向けにも活かせるノウハウたっぷりの内容でした。

なかでも、OEM/ODMでのメーカー業を行っていく上での参入すべき市場規模、ならびに商品ジャンルについての基準は非常に参考になりました。

今年はよいよOEMないしODM進めていこうと思ってたんですが、
明確な道標ができた気分です。

これで迷わず行けば分かるさ、どころか、
行かなくても割りとわかったさ。

自社商品を販売していくうえで、やっぱり各種許認可であったりとか、
PL責任、そして商標などいろいろクリアにしていくポイントってのは転売と比べると多々あるのですが、
そのぶん、行き着く先はかなり楽しいんじゃないかなと思います。

今の転売というか、型番商品のイメージとしては、
誰が育てたのか知らねえやつらを右から左へ回してるまるでグッドウィルのような気分です。

それが自社製品となると、
我が子を一生懸命育てて独り立ちさせて社会に貢献させていくというような、
まるで子育てのような気分になるんじゃないかなと思います。

まあ子供いないので知りませんが。

そして抱えるものが多いぶん、型番商品と比べて返ってくるものも多いということです。

もちろんバランスも大事かと思いますが、
やっぱ単純に利益率高いビジネスモデルはあったほうがいいですね。

事業拡大していこうと思うとなおさらです。
薄利多売で売上拡大していくのは簡単ですが、どっかのタイミングで身動き取れなくなっちゃいます。

まあうちは身動き取れなくなる前に捨てるもの捨ててなんとか難を逃れたのですが。

うちクラスの弱小企業でこういったシフトチェンジができないのであればもはや致命傷ですからねw

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。