Home > 運営管理・出荷 > 配送拠点RETURNS

配送拠点RETURNS

これより東京へ戻りますけども。

この2日は引っ越しやらレイアウトチェンジなどでかなりバタバタしてました。

そしておとといは久しぶりに専門学校の友達の仲いいメンツで同窓会が開催されました。
たまたま松山にいて参加できて良かったです。

各々の結婚式などで多少の絡みはあったものの、
およそ10年ぶりこの絡みは非常に楽しかったです。

僕以外全員結婚してましたけどね。
あ、一人離婚してたか。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

まず今回の拠点移動はTemporaryなものでした。

というのも、まず事の発端は、
これまで本社より徒歩圏内に配送センターを設けていたのですが、
・行き届かない人の管理
・割にあわない家賃

から、借りてから1年で退去を決定しました。

せっかく借りたのにとか、そういうせっかくはいい方向に向くことはほぼないので迷わず確定でした。

そこで、配送拠点と本社の機能をやはり拠点はまとめようということになります。

となると以前のように、本社事務所となりの元配送拠点しかありません。
ということで、事務所と配送拠点ともに本社で運営することとなりました。

しかしもちろん、在庫などの保管スペースはもちろん1年前とは比にならないので、置くとこはありません。
なので、別で在庫用倉庫を借りることにしました。

すると、いろいろ探していると120㎡で格安の倉庫物件を発見しました。
一応倉庫内に事務所スペースもあり、
シャッターも電動で、コンテナも突っ込めます。

これは待ったなしや!
と思って内見して即申し込みしました。

なんでも内見待ちがうちら以外で7人もいたらしく、即決が強いられていました。

しかし、
現配送センターは退去前申告が4ヶ月前であることが必要です。

ということで5月までは借りてないといけないんですけど、
借りてがいたら早期退去できるそうなのでとりあえず募集はすでにしてもらっています。

結局現配送センターがまだ退去できないので、
可能な限り倉庫の入居は遅らせたいところですが、人気物件だしそうもいかないので3月から入居です。

それまで引っ越しを待ってもよかったんですが、
とにかくまずは人間を1箇所に集めたい、という思いから配送拠点だけ先に移転しました。

現在は元配送センターが倉庫がわりになってます。

また3月入ったら新倉庫へ移動です。

そしてそれに合わせて、
やはりとなりにきたとはいえ、一体感がほしいと思い、事務所と配送拠点の間の壁をぶち抜いてガラスを貼ることにしました。

かなりでかいガラスなので、開放感が半端ないです。

そして、女性陣が前から気にしていたトイレも、事務所側にあったのですが、
ドア一枚増やして、両側の部屋のちょうど中間に小部屋ができる感じになり、よりトイレにも行きやすくなりました。

移転を決めてからここまでは最速できた感じはありますが、
特に満足感はありません。

まあなにも始まってないですからねw

そして、事務所側のデスク類もかなり大掛かりなレイアウトチェンジを行いました。

渋谷の事務所もこないだしたんですが、
完全にレイアウトミスをしていたようで、今回のレイアウトによりかなり事務所のフリースペースが増えました。

PKぐらいならできそうです。

ただ、応接スペースは全くなくしましたので、
遊びに来ても外でもてなされることになるでしょうw

中の人 EIKING

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。

こちらもオススメ

固定経費の見直しを行うために抑えておきたいポイントとは

実はいろいろな事業をやってると …

税務調査の結果を待って2ヶ月、とうとう出たその結果は

10月頭に突如として弊社に現れ …

うちがAsanaでタスク管理するようになった一番の理由は繰り返しタスクにあった

世にはたくさんのタスク管理アプ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です