今後のFBAスキーム

昨日は睡眠2時間の中、朝イチで名古屋へ行って参りました。

7時起きだったんですが、
前日ドラちゃんことドライチ氏らと飲み出てて、結局3時ぐらいまで飲んでました。。。

で、結局寝たのが5時とかで、
2時間しか寝れませんでした。

あでも新幹線でちょっと寝たか。

本日はこれより1件打ち合わせをへて東京へ帰還し、数件の面接をこなして歯医者行ってからジム行ってきます。
わお、大変。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

さて昨日は日曜にも関わらず、山田さんの勉強会に参加させてもらいました。

遅刻したにもかかわらずみなさん待ってくれてありがとうございました。

今回は主にFBAでの今後の戦略についてのお話だったんですが、
基本的に戦略としては、
基本戦略である「物流」と「仕入(商品)」にポイントがあてられました。

頭の使い方によって、同じ商品でも工夫すれば他セラーとかなり差別化して販売することができるようになるのです。
ここはもう、一回ちょっと枠はずして考えてみようぜって感じで考えないと出てこないんじゃないかなと思います。

これからはFBAでも特に薄利でがんばる必要はないということですね。

利益率や単価を上げる方法を見出すことができれば、
少ない作業量で今よりももっと利益率を向上することは可能です。

これまで敬遠しがちだった商品を販売するというのもひとつの方法かもしれません。

送料が高いものなど、
もし送料が安くなるのであれば幅は広がりますよね。

FDA申請などで避けていた商品など、
ガンガン送れるのであればライバルも少ないしいいですよね。

そうやって、少しずつの工夫で思ってるより利益が出てくるんだなあとイメージできた勉強会でした。

このイメージできることって大事で、
実際話は聞いたことあるけど、ちょっと実感わかないなあとか、
再現性が乏しいなあとかいうことはよくあると思います。

それをビジョンとして描けて、実際その工程までもが手に取るようにわかるようになると、
あとは行動するだけですからね。

なのでどんな自己啓発系の本にも書いてるんでしょうけど、
自分より上の人と関わることは非常に重要です。

しかし、
納得いくまで話を詰めていくことをしないと結局イメージできないまま終わってしまいます。

だから同じセミナーにいっても結果出るひとと出ないひとがいるんですね。

あと思ったのは、やっぱ初段階のスキームは自分でやるべきだなと。
ちょっと時間割いてでもやっぱ自分でやらなあかんなあと思いました。

そのちょっと割いた数日の時間で、数カ月後、売上でかなりの差が産まれるような気がする。

ということで今の各事業全部見なおそ。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。