amazon Inventory総入れ替え

昨日は松山の兄貴ことYくんと東京の街で飲みにいってきました。

いつも松山ではおごってもらってばっかなので、
東京では僕がおごらないと!ということでいってきました。

Yくんは、僕が知ってる中で淘宝網で一番猛烈に売上を叩いています。

ただ、うわすげーなーうちも淘宝網やりてーなと思ったんですが、
あまりにも再現性が低そうだったので毎回、まあ今度にしよう、って思ってしまいます。

続きは編集後記にて
※メルマガのみ

今現在、大掛かりなInventory入れ替え作業を行っています。

もうお腹が減って力が出ないです。

事の発端は実は、僕がフィリピンにいるときでした。
またこの事件については詳しく書きますが、
ありえないミスが発生し、多額の損失を出してしまいました。

なぜこんな時に限って起こるんだ。。。

と思いながら、とりあえずリスティングのフロー見直しを急遽行うこととなりました。
いや、もともと予定してたんですが、
先回しにしてただけですね。

そのツケが回ってきた感じです。

これまでは、
amazon無在庫SKUとFBA, 自社在庫自社発送といろいろと管理を別で行っていました。

また、
複数アカウントあるので、商品の販売方法☓アカウント数の数だけ、作業がありました。

その作業は煩雑さを極め、
まさにめんどくさいの一言につきました。

価格・在庫データの更新や、新規SKUの追加など。
それぞれの商品の販売方法によってちがったし、時間も結構かかるものばかりでした。

そこで、
各アカウントの利用方法と、リスティング更新・追加フローの見直しを行うことで、
作業自体を大幅に減らすことに成功しました。

極力妥協点を出さないような感じで再構築できたんじゃないかなと思います。

これでありえない人的ミスは削減できるんじゃないかなと、信じています。

人的ミスも削減でき、
なおかつ人間が気にしないといけないポイントを割愛していくことで、
さらにスピード感のあるフローの構築が可能です。

どんどん頭を使う作業というものを減らしていきたいですね。

EIKINGプロデュースのPRIMAでamazon販売を加速しよう

PRIMAは業界最多10カ国のamazonに対応したamazonデータ収集・価格改定システムです。ありとあらゆる商品データ、ライバル価格を収集でき、さらに綿密なSKU別のルールで自動価格改定も行えます。現在ユーザ数は500+。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1985年生まれ、愛媛県出身東京都在住。 26歳で起業して輸出入貿易事業を開始。 現在は貿易・商品開発・業務支援システム開発・コンサルティング等を行う会社を2社経営。 ”遊ぶために働く、働くために遊ぶ”の相乗効果がパフォーマンスの高い人生を実現できる方法と信じ、日々死ぬほど働き、死ぬほど遊んでいる。 趣味はフェス・ライブ観戦、旅行。 このブログでは自身が経験したビジネス関連と国内外での遊びの情報について発信中。